TOP > スポンサー広告 > から玉激辛デビル@HIROTOP > 激辛カレー > から玉激辛デビル@HIRO

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

から玉激辛デビル@HIRO

【激辛カレー】


新宿1丁目で「激辛デビル」という恐ろしい名前のメニューを見つけた。

黒板メニュー@HIRO

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に向かい15メートルほどでドラッグストアを左折し、新宿通りと靖国通りを結ぶ道を200メートルほど歩いた左側のビルの2階にある「HIRO」という店だった。

ランチメニュー@HIRO

この店は夜は焼き鳥屋でランチは14種類のカレーを提供しているらしい。

階段を上って2階に登ると、「辛口カレー」という大きな提灯はある。

HIRO.jpg

店内は、ちょっと昔の喫茶店かパブのような内装で、4人がけテーブル4つ、2人がけテーブル1つの18席の小さな店で、先客は5人ほどだった。

60代くらいの女性がホール係を担当し、よく見えない厨房では半分くらい白髪の男性が働いていた。

激辛デビル(600円)」を注文しようとすると「から玉は?」と勧められた。200円アップで鶏唐揚げと目玉焼きがトッピングされるらしい。そこで「から玉激辛デビル(800円)」を注文した。

すぐにコールスローとダイコンの柴漬け・らっきょの小鉢が運ばれたけど、カレーはなかなか出てこない。

12~13分で料理が供された。

もう1度やってきたホール係が「もし辛かったらマヨネーズをかけるとまろやかになりますから」といってチューブ入りマヨネーズをポンと立てていった。

から玉激辛デビル800円@HIRO

ごまを振ったご飯に、半熟の目玉焼きと鶏唐揚げ・ウィンナソーセージ・油で揚げたピーマンが載っていた。激辛デビルは、シャバシャバのスープ状で、思ったよりも量が少なく具も見当たらない。

「激辛」というほどの辛さではなかったけど、頭頂部が汗ばんでいった。目玉焼きの黄身を崩すとまろやかになって辛さが和らいで美味しい。

唐揚げは小さな鶏肉だったけどさっぱりして美味しい。

このカレーは決して激辛ではない。じゃあ「デビルか?」と問われても悪魔のことはわからない

んん、なんかわからないままに食べ終えてしまった。


◆希望支払金額:800円(香辛料のパンチは少ない)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

HIRO
東京都新宿区新宿1-31-15 第3寺田ビル2階



Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1357-6994753f

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。