TOP > スポンサー広告 > プッタネスカ(ショートパスタ)@il mondo(イル・モンド)TOP > パスタ > プッタネスカ(ショートパスタ)@il mondo(イル・モンド)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プッタネスカ(ショートパスタ)@il mondo(イル・モンド)

四谷4丁目のイタリアレストラン「il mondo(イル・モンド)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に向かい、ドラッグストアの角を左折し、2つ目の路地を右折して200メートルほど歩き、歯科のビルがある交差点を左折し、その先の「アマンド」を右折。次の交差点の角にあるマンションの半地下に店はある。

というのがGoogleマップの探索した最短ルートだけど、もっと簡単なルートは、新宿御苑前駅の2番出口を出て新宿通りを四谷方面に250メートルほど歩き、ファミリーマートの左折して200メートル先の右側に店はある。

イル・モンド

ランチは、サラダ+本日のパスタが800円、前菜+サラダ+パスタが1000円、これにドリンクがつくと1200円。

ランチメニュー@イル・モンド

店内は、うなぎの寝床のように細長い。2人がけテーブルが6、4人がけテーブルが1の16席と小さな店に先客はなかった。

「いらっしゃいませ!」と元気な声のアフリカ系女性に迎え入れられ奥のテーブルに座ると、レモンを絞ったお水とランチメニューを持ってきてくれた。

本日のパスタは、「小松菜と小柱のオイルベーススパゲッティ」と「プッタネスカ(アンチョビ・オリーブ・ケッパーのトマトソース)」。

オイルベースよりもトマトソースを食べたかったので「プッタネスカ(800円)」をお願いした。

サラダ@イル・モンド

すぐにサラダが供された。しっかりと塩の効いたドレッシングが美味しい。

5分ほどでパスタが供された。

ショートパスタ800円@イル・モンド

料理を見た瞬間に注文を間違えたことに気づいた。この店は生パスタが人気らしいので、生パスタを食べるつもりで来たんだっけ。う~ん、失敗失敗

プッタネスカからは、アンチョビの香りが立ち上っていた。「娼婦のパスタ」という意味のプッタネスカは、海の幸と畑の野菜を混ぜた料理のこと。オリーブやケッパーがたくさん入っていて、赤いトマトソースに映えて美しい

トマトソースは酸味は少なくて、辛味の中にアミノ酸の旨味がよく出ていて美味しい。ショートパスタのペンネは、固く茹で上げられていて歯応えがあって楽しい。

しばらくして、温めたバケットが供されたので、ソースをバケットでお皿を舐めてきれいにした。

次は、生パスタを食べよう!


◆希望支払金額:800円(少ないかと思ったけど満腹)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

il mondo(イル・モンド)
東京都新宿区四谷4-26-1 ロイヤルハイツ新宿御苑 B1F


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1358-b2c25a50

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。