TOP > スポンサー広告 > 『「神道」の虚像と実像』井上寛司(講談社現代新書 2109)TOP > 新書 > 『「神道」の虚像と実像』井上寛司(講談社現代新書 2109)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「神道」の虚像と実像』井上寛司(講談社現代新書 2109)

「神道」の虚像と実像


『「神道」の虚像と実像』井上寛司(講談社現代新書 2109)

著者は、「神道が太古の昔から現在に至るまで連綿と続く、自然発生的な日本固有の民族的宗教である」という現在広く受け入れられている説を否定するために本書を書いたようだ。

本書の前半は、律令以来の宗教史に割かれている。

神籬(ひもろぎ)や磐境(いわさか、磐座)などの神降ろしの地に常設的な神殿が建築された神社と呼ばれるようになったのは、掘っ立て柱の建築しかなかったわが国に中国から最新の寺院建築が導入され、それに対抗するためだったという。もちろん、建築物だけの問題ではなく、国家鎮守のための宗教として壮大な宇宙観を備えた仏教に対抗するには、教義や経典、救済思想をもたない神祇信仰はいかにも貧弱に思えたことだろう。

『日本書紀』の天武十年正月に「畿内及び諸国に詔して、天社・地社の神の宮を修理せしむ(詔畿内及諸国。修理天社。地社神宮。)」とある。建造物をもつ神社が登場したのは、この命令によるという。「修理」とは修繕という意味ではなく、造営することである。

つまり、神社は律令制によって生まれたものである。この官国弊社はやがて神仏習合をへて、顕密を取り入れていく。

著者は、神祇信仰は古来のアニミズムとは違うと述べているが、磐座や高木に神を降ろして祈願する信仰が単なる儀礼であるはずはない。

著者が「融通無碍な多神教」というように、神道は仏教の普及にともなって本地垂迹説を考えださなければならなかった。日本人にとっては仏も神もカミであり、時と場合そして必要に応じて願いをかなえてくれそうなカミに祈るのがこの国に暮らす人々の信仰である。

生まれたときには神社に詣で、結婚はキリスト教会で誓い、死んだら僧侶に拝んでもらい墓場に入るというご都合主義こそが、この国で広く受け入れられている信仰である。それは、古代も同様だったのではないか。

後半は、明治政府が政策として推し進めた国家神道の形成と、著者のイデオロギー的な批判が続く。

終章になって、再び「神道が太古の昔から現在に至るまで連綿と続く、自然発生的な日本固有の民族的宗教である」という一般的通念への批判が繰り返される。それは柳田国男の「神道論」への批判である。

著者は、柳田が下記2点で事実誤認をしているという。

(1)仏教が伝えられる以前の素朴なカミ祭りを神祇信仰と捉え、それが日本に固有の民族的宗教だとしていること
(2)そしてそれが原始・古代から現在に至るまで、変わることなく連綿と続いてきたとしていること

また、同じように梅原猛の「日本文化論」も柳田の神道論の起源を縄文時代に求めただけで、柳田の説を補完したものだとして批判している。

しかし、「融通無碍の多神教」だとする日本の宗教の起源や形成について著者は本書では明らかにしていない。教義や経典をもつ進んだ宗教である仏教の導入に際して、それに対抗するために神道が形作られたとしているが、それ以前の信仰については天神・地祇信仰があったとするだけなのである。

本書の最大の問題は、とても読みにくい記述になっている点である。何度も前に読み返したり、数ページ前に戻ったりしながら読み進めたが必要以上の時間をかけることになった。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1390-49da1fae

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。