TOP > スポンサー広告 > 四川マーラー豆腐@古月 新宿店TOP > 麻婆豆腐定食 > 四川マーラー豆腐@古月 新宿店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四川マーラー豆腐@古月 新宿店

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅近くの「古月 新宿店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の1番出口を出て新宿御苑方向に歩き、御苑沿いに左に100メートルほど歩いた左手に店の赤い壁が見えてくる。

古月

1000円のランチメニューは、A.鶏ムネ肉と野菜の雪菜炒め、B.四川マーラー豆腐、C.芝エビと白菜の醤油煮込みの3種。

ランチメニュー@古月

赤い壁の右側の廊下の突き当りのドアを開け、階段を2階の上ってさらにドアを開けると思ったよりも狭い店内だった。4人がけテーブルが4台、2人がけテーブルが4つで24席しかない。

奥のテーブルに案内され、中国茶が急須で供された。オレンジ色のお茶が美味しい。

「四川マーラー豆腐(1000円)」を注文して新書を読みながら待つ。

10分ほどで料理が供された。

四川マーラー豆腐1000円@古月

土鍋の中でマーラー豆腐がグツグツと煮立っている。唐辛子が少ないためか焦げ茶色だ。豆腐はかなり煮込まれて固めで茶色に染まっている。さっぱり辛くないので、添えられていたノック式ミルでカチカチと花椒をかけながら食べた。

スープには、ダイコン・ニンジン・シイタケがたっぷり入っていて、野菜の旨味が溶け出した優しい味

写真左上は、茹でたキャベツに粒マスタードソースをかけたもの、写真下中央がニンジン・ダイコン・マカデミアナッツの中華風漬物。

ご飯は残念ながら水が多すぎで上手に炊けていない。

食後にフランボワーズソースをかけた杏仁豆腐が供された。

杏仁豆腐フランボワーズ添え@古月

ゼリー感のほとんどないトロリとした食感の杏仁豆腐は、生クリーム風味でとても美味しい。ラズベリーの甘酸っぱさがよく合っていた。


◆希望支払金額:1000円(かなり上品な麻婆豆腐)
◆費用対効果度:100%(1000円/1000円)

古月 新宿店
東京都新宿区新宿1-5-5 御苑フラトー2F


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1392-9c280256

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。