TOP > スポンサー広告 > あだちランチセット@あだちTOP > 和食 > あだちランチセット@あだち

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あだちランチセット@あだち

秋葉原の中央通りの西側には、中古パソコンやパーツを扱う店が並んでいる。
その中で、昼時はいつも行列が絶えない「九州じゃんがら」ラーメンの隣にある「あだち」に行ってみた。

09016あだち店頭

店頭には立て看板や幟がいくつも立っている。その中でひときわ目立つ看板に注目した。「アキバでボリュームNo.1」とはどんなものか。気になる。

09016あだちメニュー

暖簾をくぐると、4人掛けのテーブルが3つと、カウンターで16席ほどの居酒屋風の店内だった。カウンター席に座ろうとすると、店主らしき親父に先客のいるテーブル席に相席で座るように言われる。

迷うことなく「ランチセット(880円)」を注文。

すると、60代の親父から意外な質問を受ける。
「インターネットを見て来たの?」
「いえ、前を通りかかったから……」
「ウチはね、ランチセットのご飯は桶で出しているの」と言いながら店の奥に積んである桶を指さす。
「市場のお客さん向けの量だから、お客さんじゃ“並”は無理かな。“軽く”で充分でしょう」
JR秋葉原駅前には、かつて巨大な青果市場があった。かんだ食堂と同様に、この店も市場で働いていた人々向けに大盛りがスタンダードになっているということらしい。
「じゃあ、“軽く”で」
厨房で料理を作っているのは、中年女性だった。親父の奥さんだろうか?
親父は大声で、後から来た客にも、来店のきっかけはインターネットかと問い、“軽く”を勧めていた。

しばらくして、ランチセットが登場。

09016ランチセット880円@あだち

ご飯が多い。直径20センチ近くはありそうな桶の半分ほどの深さまでご飯が盛られている。“軽く”で注文したのに、どんぶり1杯半はありそうだ。“並”の場合には、ご飯は桶にすり切り一杯盛られるという。どんぶり2杯半くらいだろうか。

おかずは、大振りの鶏の唐揚げ2個、クリームコロッケ1個、アスパラガスと茄子の素揚げ、コンニャク・竹の子・大根の煮物、茄子の味噌炒め・卵焼き・レタス・ザーサイ。それに、豆腐サラダと白菜漬け。みそ汁。店頭の看板に書かれた内容とは少し違う。日替わりで微妙に違うらしい。

ランチセットは、ご飯も多いがおかずも多い。大食いの人には嬉しいメニューだろう。

食べ終えてお金を払おうとすると、親父が雑誌に掲載された“大盛り”の写真を見せてくれた。
“大盛り”は、ご飯が富士山型に高く盛り上がっていた。どんぶり3杯分を軽く越える量だろう。

「次は“大盛り”を食べなさいよ」と親父が半笑いで言う。
「無理、無理」と答えて店を出た。

無理に決まっているじゃないか。


あだち
東京都千代田区外神田3-11-6

PC用地図MapFan

縮尺を変えると有料です。
ケータイ用地図MapFan

関連記事

コメント

やって見たい

「あだち」
昨年末から今年初めにかけて秋葉原に行く事が多く、難民さんのレポも参考にしようと昨年末に「あだち」に行って見ました。
2時だったんですが、準備中の看板がでていました。
となりの「じゃんがら」は行列でしたので、連れの空腹に付き合って、向かいの地下にある「雁川」に入って見ましたが、期待以上の内容でした。
700円~1000円程度のラーメンとご飯もののセットが主流ですが、ボリュームもある上にラーメンはいわゆる中華そば風、でも麻婆豆腐などは連れに少し分けて貰った程度ですが、適度に辛さも備わっていて好感でした。
奥の方で初老に足を掛けたような人が4人前は入りそうな丼で麺を食べていましたが、この辺はボリュームも評価されているようですね。
でもその人の周りには何かオーラが漂って格好良かったですよ。

Re: やって見たい

ぼんぼんさん、ブログのずいぶん深いところまで目を通していただき恐縮です。

「あだち」は懐かしいですね。分量の多さに驚いて1度しか行かなかったけど、また訪れてみたい店です。

「雁川」にも1度は行ったと思います。でも、4人前の麺とは恐ろしいですね。

秋葉原は電気街から上野方面にちょっと足を伸ばした末広町~黒門町あたりに安くて美味しい店があります。

とりあえず

上野に「ホルモサ」という紙すきでジンギスカンを食べさせてくれるお店があった頃は出かけて楽しんでいました。機会があれば末広町、大江戸線あたりで途中下車して見たいですね。

アキバのヨドバシカメラのビル1Fの「すしざんまい」では500円で(まぐろずけ丼)を出しています。適度に厚みのある切り身がシャリ面が見えないようにカバーしてお得感があります。
握りと同じ酢飯で食が進みます。
残念ながら昼時に行った事は無いので混み具合は判りませんが、夕方、夜と区別なくみそ汁付きでサービスされています。見た方は是非。
東新宿店での状況は判りません。
難点は少し褒めるとシャリの量が多くなるので、
難民さんには不向きかも。

Re: とりあえず

ぼんぼんさん、「ホルモサ」という店は知りませんでした。紙すきのジンギスカンって変わった料理ですね。

「すしざんまい」のワンコイン鮪づけ丼も知りませんでした。元々、寿司はあまり好きではないけど、機会があったら食べてみたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/140-f2e2c927

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。