TOP > スポンサー広告 > 濃厚鶏魚介醤油@二丁目つけめん ガチ(GACHI)TOP > つけ麺 > 濃厚鶏魚介醤油@二丁目つけめん ガチ(GACHI)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃厚鶏魚介醤油@二丁目つけめん ガチ(GACHI)

新宿2丁目の「二丁目つけめん ガチ(GACHI)」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て右に新宿方面に300メートルほど歩いて、メガネ店を右折して北に200メートルほど歩いた左側に店はある。

二丁目つけめんGACHI

かつては、この通りは真昼間からそこここに佇む若い男性がいたり、手をつないで歩く男×男が目立つ場所だった。今回はそうした光景はみなかったけど、辺りの店は妖しげな雰囲気が漂っている。隣の店には裸の若い男性2人が肩を組んでいるイラストのポスターが貼られていた。

店の扉は閉めずに、分厚いビニルのカーテンで仕切っていた。入店してすぐ右手の券売機で、「濃厚鶏魚介醤油つけめん(780円)」のチケットを購入し、カウンター席に座ると坊主頭のスタッフが「麺は中盛300gと並盛200gのどちらにしますか?」と言う。中盛でお願いすると、店の奥を指さして「お水はセルフサービスになっています」と教えてくれた。給水器が店の奥にあるのだ。

卓上には氷水の入ったピッチャーがあるけど、グラスはない。カウンターは、幅というか奥行きが80センチ以上もあってとても広いのだからカウンターにグラスを重ねておけば、わざわざ水を汲みに行かなくても良いのに。

厨房とカウンター席が中2階になっているこの店は、以前はバーだったのだろうか。BGMに60年代アメリカンポップスのカバーが流れていた。入り口と同じレベルには6人がけテーブル1卓とカウンター席があり、中2階にもドラム缶をテーブルにしたカウンタ席がある。

10分ほどで料理が供された。麺の上に載ったレモンは途中で絞るようにと説明された。

濃厚鶏魚介醤油つけめん780円@ガチ

麺が蕎麦のような色だった。この店は市ヶ谷にある「麺や 庄の」のセカンドブランド店で、麺は市ヶ谷で自家製造しているらしい。器が大きいためか、300gの麺はさほど多くは見えない。

つけ汁は黄土色に濁っていて、かなりトロミがあった。極太ストレート麺は、かなりコシがあって美味しい。つけ汁も程よい味加減で、最初の1・2口は魚介系の香りが立ったけど、続けて食べるうちにそれほど目立たなくなった。

つけ汁には塩味の強いメンマと、炙った鶏肉が入っていた。

指示通りに途中でレモンを麺に絞ったけど、このつけ汁にレモンの酸味と香りは合わないように感じた。

300gは驚くほどの分量ではなく、すぐに食べ終わったのでスープ割りをお願いすると、雪平鍋につけ汁を移してスープを足して温めなおしてくれていた。

透明感が増したスープはトロミが強い。鶏ガラから出たコラーゲンだろうか。

どうしてこんな変な場所に出店したのだろうか。ここに出店しなければならない理由があったのだろうか。


◆希望支払金額:780円(美味しいけど、割と普通)
◆費用対効果度:100%(780円/780円)

二丁目つけめん ガチ(GACHI)
東京都新宿区新宿2-17-10 黒岩ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

いつも楽しみにみてます

いつもブログ見てます♪
つけ麺大好きなので、今度行ってみようと思います!
レモンがのってるなんて、サッパリしててこれからの季節にはいい感じですね^^

Re: いつも楽しみにみてます

mariさん、初めまして。コメントありがとうございます。

つけ麺は美味しいですよね。大勝軒や六厘舎風の太麺・トロミのあるつけ汁が好きです。

「中細縮れ麺・醤油味の酸っぱいつけ汁」のつけ麺にはレモンが合いそうですが、「太麺・魚介系つけ汁」のつけ麺にはあまり合っていないような気がしました。あくまで個人的な印象ですが、レモンの香りと削り節の香りが喧嘩していると思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1408-401d289c

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。