TOP > スポンサー広告 > 特ロース 3cm超厚切り@豚組TOP > とんかつ定食 > 特ロース 3cm超厚切り@豚組

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特ロース 3cm超厚切り@豚組

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


西麻布の「豚組」へ。

東京メトロ千代田線乃木坂駅の5番出口を出て、左に70メートルほど進み日本学術会議の正門前へ。前方に見える、これまで何百何千回とドラマや映画の撮影場所となった、六本木トンネル脇の歩道へは進まない。

六本木トンネル

日本学術会議の正門前の横断歩道を渡って、「AOYAMA PARK」と書かれた表示の前を通り、都立青山公園と青山墓地の間の道に入る。両側に何十台ものタクシーが停車している道を青山公園沿いに歩いて、ペタンクを楽しむ外国人たちやキャッチボールをしている子供たちを左手に見ながら400メートルほど歩き、外苑西通りとのT字路を渡って、正面の狭い路地に入って坂を下り、突き当りの少し左を進むと、右手後方に黄土色の古民家を改造した店が見える。

豚組

ランチは、ロース1650円やフィレ1800円、特ロース2000円、クロケット定食(ひと口かつとコロッケ)1200円、カツカレー1200円など。

メニュー1@豚組

この店では、沖縄産の琉香豚(りゅうかとん)というブランド豚がメインで、イベリコ豚や今帰仁アグー豚、富士純粋赤豚などの高価なブランド豚肉のとんかつも用意している。

本当に古民家を改造した店で、入店するとすぐに「こちらにどうぞ」と、1階のかつては応接間だったであろう部屋に案内された。1階は、2人がけ丸テーブルが4卓、4人がけテーブル1卓、6人がけテーブル1卓で、2階は座敷になっているらしい。

香り高い烏龍茶をひと口飲んで「特ロース 3cm超厚切り(2000円)」を注文すると、「厚切りなので少々お時間がかかります」と言われた。こうした店では、待つのも楽しみだから何の不平もない。

厨房では、60代の店主と30代の料理人が働いていて、50代女性・20代女性2人・30歳くらいの男性の4人がホール係を務めていた。

10分ほどで特製ソース・アンデス岩塩・カラシ・おろし醤油の調味料セットが運ばれた。

調味料@豚組

そしてさらに5分ほどで、別盛りの千切りキャベツ・ご飯・赤だし味噌汁・お新香が運ばれた。味噌汁から鰹出汁と赤だしが混じった芳ばしい香りが立っている。期待が高まるなあ。

しばらくして、「かつでございます」という声と共に、ロースかつが銅製の網に載ったお皿が供された。

特ロース3cm超厚切り2000円@豚組

かつは長さ13センチ幅8センチほど。メニューには「超厚切り3cm」と書かれていたけど、熱で幅が縮んで厚さ4.5センチくらいになっていた。

特ロース部分@豚組

岩塩をふりかけて手前の1切れ目を箸で摘むと、2枚目との間から肉汁がボタボタボタと網の下に流れ落ちて、お皿に肉汁の水たまりができた。

なんだ! これは?

断面から肉汁が染み出るどころか、ボタボタボタと滴り落ちるほどの肉汁が、肉と肉の間に溜まっていたのだった。ジューシーにもほどがある。こんなとんかつは見たことがない。初めて見る光景に軽く感動すら覚える。

ロースかつは、芯が美しいピンク色に仕上がっていて、赤身には脂のサシは入っていないけど、とても美味しい。普通のロースカツとは逆で、かつの左端が赤身と脂身の層になっていて、プリプリとした食感の脂身も甘くて美味しい。右端はしっかりと歯応えのある赤身が濃厚な味になっていた。

この店の揚げ油は、ラードではなく太白ごま油をベースに綿実油を加えているらしい。だから、衣から微かにごま油の香りがする。甘い香りのラードが好きだけど、ごま油で豚肉の獣臭を消して軽く揚げるのも悪くない。

茨城産コシヒカリのご飯は、1粒1粒がキラキラと輝いてこれまた美味しい。

しかも、赤だしの味噌汁の具は嬉しいことにシジミだった。豚汁も大好きだけど、ロースカツ定食にはシジミの味噌汁のほうが絶対に合うと思う。豚汁では、豚×豚でしつこすぎるからだ。かつの脂と揚げ油を赤だし味噌としじみが洗い流してくれるのが嬉しい。

ご飯と味噌汁をお代わりしたら、「キャベツとお新香もお持ちしましょう」と持ってきてくれた。

おろし醤油でかつを1切れだけ食べてみると軽い味で美味しく、オリジナルのとんかつソースはとてもスパイシーでキャベツが美味しかった。

待ち時間から食事の間まで、何度も烏龍茶を継ぎ足してくれたサービスも申し分ない。

本当に美味しいロースカツと素晴らしいサービス、古民家の居心地良さ、すべての点で満点の昼食だった。


◆希望支払金額:2500円(肉汁が溢れる驚きのロースカツ)
◆費用対効果度:125%(2500円/2000円)

豚組
東京都港区西麻布2-24-9


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

コメント

おおっ!

費用対効果比が100%を超えると読ませて頂いているあっしの方も胸の空く思いでございます。
近頃すっかりトシ食っちゃって、揚げもの系は好きだけど量がイケなくなってまいりました。
しかしながらこれはトライしたくなりますねぇ。

Re: おおっ!

誰やねんっ20号さん、「豚組」のとんかつは本当に美味しかったですよ。

味だけではなく、サービスと雰囲気も良かったのでお勧めです。

費用対効果度が100%を超える店にはなかなか出会えませんが、これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1419-bfe946ae

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。