TOP > スポンサー広告 > ロースかつ定食@とんかつ 万平TOP > とんかつ定食 > ロースかつ定食@とんかつ 万平

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロースかつ定食@とんかつ 万平

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


神田の「とんかつ 万平」へ。

東京メトロ丸ノ内線淡路町駅の3番出口を出てそのまま靖国通りを東に進み、万平橋方面に伸びるちょっと細い道に入る。手打ち蕎麦の「まつや」を過ぎ、インド料理店「トプカ」の手前を左折して10メートルほど先の右手に店はある。

とんかつ万平

ちょっと先には鳥すきで有名な「ぼたん」、もうちょっと先にはあんこう鍋の「いせ源」、甘味処の「竹むら」、さらに進むと「かんだやぶそば」があり、この一角は老舗の飲食店が集中している。

13時過ぎ入店すると、4人がけテーブル4卓の店内には70代夫婦と70代女性、40代男性の3組の先客がいた。

濃い渋茶を運んできた70代の女将に「ロースかつ定食(1600円)」を注文すると、奥の厨房で70代の店主が調理を始めた。

この店の椅子は分厚い木製のベンチシートで、お尻の当たる部分が25センチほどしかなくて深く座れないので、何となく落ち着かない。

70代の夫婦がいて「旨いだろ。ここのカキフライを食べると、他所じゃ食べられないんだよ」と夫が言う。夫婦でかつとカキフライを分けあって食べていたのだった。

5分ほどで先客40代男性が注文した「カキフライ定食(1600円)」が供された。大きめのカキフライが6個も載っている。うむ。次は「カキフライ定食」を食べよう。

さらに5分ほどで料理が供された。

ロースかつ定食1600円@とんかつ万平

ロースかつはこれまで食べたことがないほどで細かいパン粉覆われていた。ほとんどが赤身のかつの断面から肉汁が滲み出している。

築地の「かつ平」でご主人に教えられたように、とんかつの中央の1切れは何もつけずに食べて、次は右はじの大トロ、その次は左はじの赤身をと交互に食べた。程よい揚げ具合で美味しい。噛み締めると肉汁が口いっぱいに溢れる。全体的に脂身の少ない肉だったけど、右はじは赤身と脂身が混じった濃厚な味だった。

白菜の浅漬はさっぱりと美味しく、白味噌の味噌汁も美味しかった。

ご飯はモチモチとした食感で素晴らしい炊き具合だった。


◆希望支払金額:1600円(肉汁たっぷりでとても美味しい)
◆費用対効果度:100%(1600円/1600円)

とんかつ 万平
東京都千代田区神田須田町1-11


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1427-91b99994

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。