TOP > スポンサー広告 > 小ラーメン(豚2枚)@モトミヤTOP > ラーメン > 小ラーメン(豚2枚)@モトミヤ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ラーメン(豚2枚)@モトミヤ

ラーメン二郎インスパイヤ系だという新宿2丁目の「モトミヤ」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て右へ新宿方面に120メートルほど進み交差点を右折して緩い坂道を150メートルほど下る。4つ目の交差点を左折して花園通りを新宿方面に250メートルほど進んだ左側に店はある(本当の最寄り駅は都営新宿線新宿三丁目駅で、C7かC8出口から地上に出て、新宿御苑方向に少し歩いた先を左折して花園通りに入り、30メートルほど先の右側に店はある)。

モトミヤ

入口左側の券売機で、ボタンの一番左上にあった「小ラーメン(豚2枚)700円」のチケットを購入する。2番目は「大ラーメン(豚2枚)800円」だったけど、最近は胃袋がすっかり小さくなってしまったし、初めての入店なのでいつものようにメニューのトップを選んでみた。

12時過ぎの店内は、カウンター8席、4人がけテーブル1卓で先客は3人。料理を待つ間に、次々とお客が来店し、12時15分すぎには、6人が料理を待つことになった。全員が「大ラーメン」ではなく「小ラーメン」を注文していた。この店では、「小ラーメン」が「並盛」ということらしい。

二郎系らしくないとても清潔な店内には、ガラス張りの小部屋があってピカピカの製麺機が鎮座している。自家製麺なのだ。

厨房には巨大な寸胴鍋が3つ並び、2つはスープ用で残りの1つはアブラ用らしい。

10分ほどで料理が供される前に「お客様、ニンニクは入れますか?」と尋ねられた。「お客様」という二郎系らしくない丁寧な問いかけに軽い戸惑いを覚えながら、ニンニクとヤサイの追加をお願いした。この店には、ヤサイ・ニンニク・カラメ・アブラのマシやマシマシはないということだ。

小ラーメン700円@モトミヤ

豚2枚」のチャーシューは、大きくて分厚い。6~7センチ角で厚みは1センチほどもある。

豚骨の旨味が溶け出したスープは、醤油の濃い目の味付けがマッチしていてとても美味しい。二郎のスープのような雑味の野性味は少ないように感じた。豚骨っぽい香りも少ない。

みじん切りの生にんにくが小さじ1杯分ほど載っている。

薄い褐色の極太ストレート麺は、ボキボキとした食感が楽しい。低加水麺なのだろう。

大半がモヤシのヤサイは、かろうじて片手で鷲掴みにできるほどの分量だからたっぷりだ。

最初は、やや固さを感じたチャーシューがスープを吸ってトロトロになって美味しかった。この店では、最初はチャーシューを食べるのを我慢してスープに沈めて柔らかくしてから食べるのが正解らしい。


◆希望支払金額:700円(ちょっとだけ上品な二郎系ラーメン)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

モトミヤ
東京都新宿区新宿2-12-9 大蔵ビル1F



Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1433-24f5dbc0

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。