TOP > スポンサー広告 > 週替り定食@肉屋の正直な食堂 新宿御苑店TOP > 和食 > 週替り定食@肉屋の正直な食堂 新宿御苑店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週替り定食@肉屋の正直な食堂 新宿御苑店

【新宿ワンコインランチ・500円】(その117)


新宿2丁目にある「肉屋の正直な食堂 新宿御苑店」へ。

このチェーン店には「神田神保町店」に入ってあまり感心しなかったけど、「週替り定食 500円」という幟が店頭に出ていて気になったので入ってみることにした。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、右に新宿方面に350メートルほど歩くと牛丼の「松屋」と中華料理店「随園別館」の間に店はある。

肉屋の正直な食堂新宿御苑店

入店して左側の券売機で「週替り 500円」のボタンを押してチケットを購入。U字型のカウンターには16席ある。

中年男性のスタッフにチケットを渡すと、ものの数十秒で「鶏肉とニラ玉の週替わりです」と料理が供された。

「肉を炒めて火が通ったら、玉子をかけてかき混ぜ、お好みの硬さになったら火を止めて召し上がりください」と食べ方を説明してくれた。一緒に砂時計が置かれたけど、その意味は説明されなかった。

週替わり定食500円調理前@肉屋の正直な食堂

このチェーンは、加熱前の料理を目の前の電磁調理器で自分で調理することになっている。100gほどの鶏胸肉の上には10本ほどのニラと長ネギが載っていて、小鉢にSサイズの玉子2個と塩ダレが入っていた。

ミニサラダにノンオイルドレッシングをかけて食べると、細切りにした白菜の白い部分が混じっていた。シャキシャキの歯応えが楽しい。

鶏肉をひっくり返してしばらく焼いて、玉子を溶き入れ、半熟になったところで食べ始めた。

週替わり定食調理後@肉屋の正直な食堂

玉子と一緒に時入れた塩ダレで、ちょうどよい塩加減になっている。鶏肉は何の臭みもないけど旨みは少ないなあ。

ミニサラダは付いていたけど、できればもう少し野菜がほしい。

味噌汁の具はワカメ。

ご飯は、粒が潰れてしまっていて、おはぎを作るときの「半殺し」みたいで、箸を突き立てたらどんぶり1杯分を持ち上げられるような状態だった。お代わりもできるらしいけど、ひとことで言えば美味しくない。

とはいえ、ワンコインでこれだけの料理を提供しているのは素晴らしい。

500円の「週替り定食」は、ランチだけでなく夜も食べられる


◆希望支払金額:600円(ワンコインとは思えない分量)
◆費用対効果度:120%(600円/500円)

肉屋の正直な食堂 新宿御苑店
東京都新宿区新宿2-7-3


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1445-d2b2891d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。