TOP > スポンサー広告 > 『改訂新版 稲作以前―教科書がふれなかった日本の農耕文化の起源』佐々木高明(歴史新書y 024)TOP > 新書 > 『改訂新版 稲作以前―教科書がふれなかった日本の農耕文化の起源』佐々木高明(歴史新書y 024)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『改訂新版 稲作以前―教科書がふれなかった日本の農耕文化の起源』佐々木高明(歴史新書y 024)

稲作以前


改訂新版 稲作以前―教科書がふれなかった日本の農耕文化の起源佐々木高明(歴史新書y 024)

NHKブックスから本書の初版が刊行されたのは1970年で、30刷というロングセラーになった歴史的名著。

著者は、本書で「日本における農耕文化は弥生時代から始まった」とされてきた歴史学の定説に対して、縄文時代には焼畑農耕文化が始まっていたとする異端の説を展開した。

水田稲作の技術が渡来人によってもたらされたとしても、採集狩猟の生活を送っていた人々が、稲作のような高度な農業技術を短期間で習得できるとは誰もが考えないはずだ。稲作以前に下地となる農耕文化があったと考えるのが常識だろう。

著者は考古学者ではなく民俗学者であり、植物学者の中尾佐助とともに当時は珍しかった学際的手法で「照葉樹林帯文化」を唱え、縄文時代には採集狩猟と焼畑農耕による生活が営まれていたと主張した。ネパール・アッサム地域からアジア大陸を帯状に東に伸び、西日本に至る照葉樹林帯に、日本の縄文時代には採集・焼畑農耕文化が伝達されたと主張したのである。

本書では、3つの手法で「稲作以前」を分析している。

(1)民俗学的な立場から縄文農耕文化を復原する
(2)比較民俗学的手法で、アジア各地に残る農耕文化から縄文農耕文化を復原する
(3)生態学的な立場から、栽培作物の種類と組み合わせ、栽培技術の分析から縄文農耕文化を復元する

現代では、三内丸山遺跡から発見されたクリのDNA研究によって縄文時代に栽培が始まっていたことがわかっている。また、イモ類や山菜も利用されたと考えられるほか、マメ類やエゴマ・ヒョウタンなども栽培されていたことがわかっている。

しかし、いまだに考古学者のなかには縄文時代には農耕(栽培)が始まっていたことを認めない声も少なくない。なぜなら、考古学者は遺物による証拠によって証明されなければ、農耕を認めないからだ。弥生時代に始まった高度な土木技術や水利技術による水田ならば遺構は残りやすい。著者が主張するような焼畑農耕では、畝や畦を作らなかったため、遺構が残っていないのだ。

著者は、北インドに暮らす焼畑農耕民のフィールド調査で、水田稲作が導入される過渡期を観察している。ほとんどが焼畑の、村の中に猫の額のような水田が2筆あり、焼畑の対象となる森は共同所有であるにもかかわらず、水田に関しては個人所有であり、しかも土地の賃貸関係が存在したという。焼畑に関しては火入れや除草などで共同作業が存在したが、水田に関しては完全な個人所有のため、共同作業の対象になっていないのだった。

焼畑農耕民が、水田稲作農耕を受容したときには、まず、より安定した生産条件が保障され、人口の増加を導く。それは家族レベルの経済の発展を促し、私的な土地所有性の確立を促す。その結果として社会階層の分化が生み出され、ついには古い社会組織の解体を招くのである。(p.183)

植物細胞に含まれるプラント・オパールの研究で、岡山県内の遺跡から縄文後期中ごろ(約3500年前)の稲のプラント・オパールが発見され、稲作の歴史を大きく塗り替えられた。縄文農耕説がなかなか支持を得られない一方で、「稲作を日本に持ち込んだ弥生人が原日本人で、縄文人は征服された先住民」という古い考古学の定説がようやく崩れようとしている。

本書は40年前の刊行だが、一向に古びていない。本書の「照葉樹林焼畑農耕文化」が、40年の間にかずかずの遺跡が発掘されることで徐々に明らかにされてきた縄文文化を先取りしていたからだ。


関連記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Re: タイトルなし

ビジネスマナーの教科書さん、コメントありがとうございます。

ひっそりと続けているブログですが、また遊びに来てください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1451-0590ae77

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。