TOP > スポンサー広告 > 今日のおすすめ定食@梅茶屋TOP > 和食 > 今日のおすすめ定食@梅茶屋

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のおすすめ定食@梅茶屋

文京区湯島に「三組坂(みくみさか)」という坂がある。徳川家康お附きの「中間」「小人」「駕籠」の「三組の者」に与えられた土地なので三組町と名付けられ、そこにある坂だから三組坂ということらしい。その三組坂の途中の「ホテル江戸屋」の前を通りかかると、「梅茶屋」という居酒屋があるらしい。

080924梅茶屋

1階にあるのに、なぜか地下のような薄暗い奥に店はある。

080924梅茶屋メニュー

久しくチャーハンを食べていないので入ってみることにした。
店内に意外に広く、個室もあるらしい。カウンターに座るように言われる。カウンターの中には厨房があるわけでもないし、「コ」の字の空いている部分が窓に向かっている不思議な配置だった。カウンターの中には野菜が盛られたザルがあるだけだった。

ほとんどの人が頼んでいる「今日のおすすめ定食(880円)」を注文する。

080924今日のおすすめ定食880円@梅茶屋

ほんの数分で残念な料理が到着。食べたかった高菜チャーハンは茶碗1杯分程度しかない。しかも冷め切っていた。きしめんに載ったかき揚げは、ゴボウ・ナス・タマネギ・春菊・椎茸が入った精進揚げかと思っていたら、食べているうちに小さな魚の肉を発見。鯵のようだが、なぜかしょっぱい。塩で締めた鯖ならばわかるが、鯵を塩で締めるだろうか。そして、それをかき揚げに入れるだろうか。いやいや、塩で締めた鯖だとしても、普通はかき揚げには入れないだろう。どういうことなのか。

とても斬新な料理だが、鯵か鯖は小指の爪くらいの肉が2個しかなかったので、味を見極める間もなく胃袋へ。

会計の際に1万円札を出すと「細かいのはないのよね?」とおばさんに尋ねられた。いきなりタメ口だ。「80円ならあるけど」と答えると「それじゃないのよ、そんなのはいらいないのよ。千円札がなくなりそうなの」とおばさんは耳障りなダミ声で不機嫌そうに言う。80円はいらんのかい。

あんただったのか! 店内に響き渡っていたあのダミ声は! 食事の間ずっと、サラリーマン風の男性客しかいないようなのに、なぜか耳障りなダミ声だけがガンガンと響いているので不思議だった。この店のおばさんは暇なときは大声で無駄話をするのだね。


梅茶屋
東京都文京区湯島3-20-3

PC用地図MapFan

ケータイ用地図MapFan

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/146-07e63b1a

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。