TOP > スポンサー広告 > 旨辛麻婆豆腐定食@から味処 粧TOP > 麻婆豆腐定食 > 旨辛麻婆豆腐定食@から味処 粧

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨辛麻婆豆腐定食@から味処 粧

新宿2丁目にある「から味処 粧」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、右に新宿方面に180メートルほど歩いて、「和民」の大きな看板を見て右折し30メートル先を左折する。そのまま200メートルほど歩き、オカマたちがたむろしていることで有名な「仲通り」に突き当たった右角に店はある。

から味処 粧

この店も麻婆豆腐で有名な店。麻婆豆腐弁当(500円)の店頭販売もしているが、店員は不在で呼び出しブザーに「2秒押す」と書かれていた。

店頭@から味処 粧

入り口で、お弁当を待っている女性を避けながら店に入ると、カウンター7席、4人がけテーブル2卓、2人がけテーブル2卓の店内に先客は2人だけだった。

ランチメニュー@から味処 粧

この店のランチは、定食・中華麺・春雨・冷油そばの4ジャンルあって、それぞれ赤(辛)と白(辛味0)の2種類あり、すべて800円だった。

水を運んできた店主に「旨辛麻婆豆腐定食(800円)」を注文した。

ランチは、白いコック服を着てバンダナを頭に巻いた店主1人でやっているようで、三々五々とお客が入店したり、お弁当のお客が来たりして大忙しだった。

10分ほどで「お待ちどうさまでした。今日の小鉢は角煮、あら汁はアンコウです」と料理が供された。

旨辛麻婆豆腐定食800円@から味処 粧

麻婆豆腐は「本格四川麻婆」とメニューに書かれていたように、花椒をたっぷり使っていて、旨みが強くて美味しい。

小鉢の角煮は、豚ばら肉とダイコンがとろけそうになるまで煮込まれていて、コラーゲンが溶け出した煮汁はトロトロになっていたけど、残念ながら冷めていた。温かったら100倍美味しかっただろう。

あら汁のアンコウが驚くほど美味しい。どんぶり3杯食べたい。


◆希望支払金額:800円(それぞれ美味しいけど組み合わせがちょっと変)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

から味処 粧
東京都新宿区新宿2-10-5 第六天香ビル1F


Googleマップの大きな地図で見る




関連記事

コメント

辛さとアンコウ

辛さとアンコウの組み合わせが良いですね。
今度行って見たいです。

今年はまだ寒い時期に「鷹丸」でランチに(アンコウの辛鍋)を食べました。
本来なんだか可愛い名前の魚の辛い鍋だったんですが、売り切れだったので、
店長がアンコウで特辛鍋を作ってくれました。
850円位だったんですが量もたっぷりでまた冬が待ち遠しいですね。

Re: 辛さとアンコウ

ぼんぼんさん、アンコウは美味しいですね。

あら汁とはいいながら、仄かな甘味のある身がたっぷり入っていました。

茨城沖のアンコウは、放射能をたっぷり蓄えているらしいけど関係ないや。どんぶり3杯食べたかった。

でも、あら汁は日替りらしいので、アンコウに当たるかどうかは運しだいのようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1501-70a142f5

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。