TOP > スポンサー広告 > さばの味噌煮+カキフライ@本物のやきとん 筑前屋 新宿御苑店TOP > 煮魚定食 > さばの味噌煮+カキフライ@本物のやきとん 筑前屋 新宿御苑店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さばの味噌煮+カキフライ@本物のやきとん 筑前屋 新宿御苑店

新宿2丁目の新宿通りに面した「本物のやきとん 筑前屋 新宿御苑店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て、新宿通りを右に新宿方面に200メートルほど歩いた右手に店はある。

筑前屋

この店は最近になってランチ営業を始めたようだ。

店内には、研修中の新入社員らしくスーツを着慣れていない若者の集団がいた。

ランチメニュー@筑前屋

ランチは、さばの味噌煮・鶏の唐揚げ・豚の生姜焼き・海老フライ・鶏の南蛮風・チキンカツ・ハンバーグ・カキフライと8種類で580円。2種類のおかずを頼むと680円、3種類ならば780円と安い。

お茶を運んできた女性スタッフに「さばの味噌煮+カキフライ(680円)」を注文すると、「さばの味噌煮がメインでいいですか?」と尋ねられた。よくわからないけど「はい」と答えた。

しばらくすると、新入社員たちの鶏の唐揚げ定食が次々に運ばれていく。唐揚げの分量に違いがあるのは、100円増しで唐揚げの大盛を注文したお客がいるからだろうか。

10分ほどで料理が供された。

さば味噌煮+カキフライ680円@筑前屋

小さいさばが2切れとカキフライが3個。カキフライ3個で100円増しならば安い。カキフライをメインにしたら、カキフライ6個とサバが1切れだったのだろう。

新鮮なさばを使っていて、あまリ煮込んでいないけど十分に美味しい。カキフライは、バッター液にたっぷり浸けてあって、かじるとバリバリと衣から音が出た。

キャベツの千切りが大量で嬉しい。味噌汁も出汁もいい味だった。

あきたこまちを使っているご飯も上手に炊けていた。


◆希望支払金額:680円(さばの味噌煮定食が580円だからかなりお得)
◆費用対効果度:100%(680円/680円)

本物のやきとん 筑前屋 新宿御苑店
東京都新宿区新宿2-8-5


Googleマップの大きな地図で見る



関連記事

コメント

行きたいですね

最近は昼時にこちら方面にはほとんど足を向けられないので、このお店がランチを始めたならば行って見たいですね。

Re: 行きたいですね

ぼんぼんさん、カキフライはイマイチだったけど鯖の味噌煮は美味しかったですよ。

それに100円プラスで2品(実際は1+0.5品)、200円プラスで3品(1+0.5+0.5品)になるお得なランチです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1506-ae94af50

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。