TOP > スポンサー広告 > ニラレバ定食@華龍飯店 新宿御苑前店TOP > ニラレバ炒め(レバニラ炒め)定食 > ニラレバ定食@華龍飯店 新宿御苑前店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニラレバ定食@華龍飯店 新宿御苑前店

新宿1丁目にある中華料理の「華龍飯店 新宿御苑前店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の2番出口を出て左に15メートル進んでドラッグストアを左折し、50メートル先にある2つ目の路地を左折して40メートル先の左側に店はある。

華龍飯店

店頭ではお弁当を販売していて、行列になっていることもある。

定食メニュー@華龍飯店

麺類と定食類の2種類のランチを提供している。

12時半くらいに入店すると、4人がけテーブル席5卓、10人がけテーブル1卓、6人がけテーブルの1卓の店内はほぼ半分くらいの客が入っていた。

中国人女性スタッフは、10人がけテーブルの壁寄りに座っていた先客の女性2人を立たせて、奥に案内してくれた。

麻婆豆腐も気になったけど、「ニラレバ定食(750円)」を注文した。

次々に食べ終わったお客が去っていき、新たなお客が入ってくる。麻婆豆腐で有名な店らしいけど、何人かがニラレバ炒めを注文したので人気メニューの1つらしい。

5~6分で料理が供された。

ニラレバ定食750円@華龍飯店

レバーは新鮮で弾力のある食感が美味しい。合わせ調味料の甘さが気になったけど、徐々に全面に振りかけられた粗びき黒胡椒の辛さが効いてくる。単なるニラレバ炒めではなく、「ニラレバ黒胡椒炒め」と名付けたほうが良いほどだ。これまで、こんな料理は食べたことがない珍しい体験だ。といっても「辛い!」というほどではない。

隣の2人の女性は、「黒担々麺」を食べていた。こちらもスープが黒い珍しい担々麺で、「美味しいね。今度は冷たいヤツを食べよう」と言っていた。

みそ汁は、油揚げとワカメはしっかり煮こんであったけど、ダシ入り味噌をお湯で溶いたような味。作っているのが中国人だもの、美味しい味噌汁を期待してもしょうがない。でも、なぜ中華スープでなくてみそ汁なのだろう。

ご飯はパラパラに炊けていた。


◆希望支払金額:750円(ニラレバ黒胡椒炒めという珍しい料理)
◆費用対効果度:100%(650円/750円)

華龍飯店 新宿御苑前店
東京都新宿区新宿1-13-11 シブヤビル1F


Googleマップの大きな地図で見る



関連記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Re: タイトルなし

履歴書の例文さん、コメントありがとうございます。

今後もよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1515-fcb7e005

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。