TOP > スポンサー広告 > 油そば(醤油)@T&S立ちぐい店TOP > ラーメン > 油そば(醤油)@T&S立ちぐい店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油そば(醤油)@T&S立ちぐい店

新宿2丁目の「T&S立ちぐい店」へ。

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅の1番出口を出て、左に新宿通りを新宿方面に70メートルほど歩いた左手に店はある。

TS立ちぐい店

この店は、つい先日まで「油そば専門店 濱ひろ亭」だったはず。1週間ほど前から立ち食いそば店に変わっていた。店頭の立て看板に「油そばもあります」とあるので、経営者が代わったのではなく業態転換らしい。

メニュー@TS立ちぐい店

ざるそば・うどん450円、かき揚げそば・うどん500円、と一般的な立ち食いそば店よりも高めの価格設定になっている。その代わりか、おかず付きのおにぎりをサービスしている。

おにぎりサービス@TS立ちぐい店

入って右手の券売機に「油そば」のボタンがなかった。店員に尋ねると、「600円のチケットを買ってください」と言われた。チケットを渡すときに「醤油でよろしいですか」と尋ねられた。油そばには、醤油味ととんこつ味があるからだ。おにぎり付きの醤油でお願いして奥に進むと、ウナギの寝床のように細長い店内に、カウンター15席ほど。

厨房で煮えたぎった黄土色のお湯に店主が麺を投入してから、8分ほどで料理が供された。

油そば(醤油)600円2@TS立ちぐい店

すでにタレが和えられた中太縮れ麺からは、鶏がらスープの香りが立ち上っていた。麺に載っていたのは、チャーシュー・メンマ・ほうれん草・なると・刻みネギ・海苔という昔ながらの醤油ラーメンの具材だ。スープは付いていない。

あれ、美味しい。昔ながらの醤油ラーメンの味がするのに、スープがないのでちょっと変な感覚だけど。中太の麺にコシがあってかなり美味しい。麺は1玉ではなく、1.5玉分くらいあって分量も申し分ない。

新規オープンのサービスかもしれないけど、おいしいごはんで握ったタラコのおにぎりと、豚角煮・大根煮・キュウリの醤油漬けが付いていた。

次は、油そば(豚骨味)を食べてみよう。


◆希望支払金額:700円(油そばが美味しい)
◆費用対効果度:116.7%(700円/600円)

T&S立ちぐい店
新宿区新宿2-1-8 SK新宿御苑ビル北1F


Googleマップの大きな地図で見る




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1523-82f5f42d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。