TOP > スポンサー広告 > 冷やしぶっかけ天ぷらうどん@さぬきのうどんやTOP > うどん > 冷やしぶっかけ天ぷらうどん@さぬきのうどんや

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷やしぶっかけ天ぷらうどん@さぬきのうどんや

【新宿ワンコインランチ・500円】(その131)


安い讃岐うどんが食べられると評判の曙橋駅近くにある「さぬきのうどんや」へ。

都営地下鉄新宿線曙橋駅のA2出口を出て右に30メートルほど歩き、東京三菱UFJ銀行とみずほ銀行のATM支店の間の路地を20メートル行った左手に店はある。びっくりするくらい駅のそばだった。

さぬきうどんや

人気の行列店らしいので、時間をずらして13時過ぎに入店すると、カウンター9席の店内には先客が4人ほどいた。

「冷やしぶっかけ天ぷらうどん(480円)」を注文すると、「天ぷらはどれにしますか?」と60代の店主に尋ねられた。この店には、100円のかき揚げなどと、80円の野菜天ぷらから選ぶようになっているのだ。大きくて見事なかき揚げをお願いした。

茹で置きだったため、すぐに供された。

冷やしぶっかけ天ぷらうどん480円@さぬきのうどんや

かき揚げがすごいことになっている。タマネギ・カボチャ・ニンジンなどの精進揚げだけど、直径10センチ厚さ3センチほどはある。大ぶりに切った野菜が美味しく、バリバリとした食感の衣が楽しい。

うどんは残念ながら少し伸びていたけど、手打ちの讃岐うどんらしくコシがある。十分に寝かせて熟成したうどん特有のしなやかさがあって喉越しも美味しい。

天井近くに据えられたテレビの音に混じり、ズルズルとうどんを啜る音が店内を響き渡る。

他のお客は温かいうどんを食べていた。この店では、ぶっかけではなく温かいうどんを食べるほうが正解なのだろうか。それと、茹で立てを食べるには開店直後に訪れるしかないのだろうか。


◆希望支払金額:600円(立ち食いの値段なのに讃岐うどん)
◆費用対効果度:120%(600円/500円)

さぬきのうどんや
東京都新宿区住吉町6-12


大きな地図で見る



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1527-bb1abbe3

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。