TOP > スポンサー広告 > 特選ロースかつ膳@イマカツTOP > とんかつ定食 > 特選ロースかつ膳@イマカツ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特選ロースかつ膳@イマカツ

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


六本木2丁目にある「イマカツ」へ

東京メトロ日比谷線六本木駅の6番出口を出て、すぐ先の路地へ左折して150メートルほど先にある3つ目の路地を右折すると30メートル先の右側に店はある。同じ路地に「大勝軒」や「麺屋武蔵」の系列店がある。

イマカツ

行列店と聞いていたけど13時前に入店すると、カウンター6席、小上がりの4人がけテーブル3卓、2人がけテーブル1卓、座敷の2人がけテーブル2卓で全24席の店内には、空席がいくつかあった。

店頭メニュー@イマカツ

席数が多いのにホール係は20代の男性1人なので、お代わりの注文を受けたり、新規客が入店したりして、「お待ち下さい」を連発していた。

2人がけテーブル席に案内され、「特選ロースかつ膳(2000円)」を16種の雑穀米で注文した。ご飯は、白飯と雑穀米から選べるようになっているのだ。しばらくして丼に入った千切りキャベツが届けられた。

別盛キャベツ@イマカツ

この店では「やまと豚」というブランド豚を使用している。神奈川県の株式会社フリーデンという養豚会社が生産していて、ランドレース種・大ヨークシャー種・デュロック種(D)の3種をかけ合わせた三元雑種豚(WLD)らしい。

15分ほどで、「1切れ目は塩でお召し上がりください」と料理が供された。

特選ロースかつ膳2000円@イマカツ

「やまと豚」を使っているかつは、なかなか立派な大きさ。長さ18センチ幅8センチ厚さ2センチほどはある。

特選ロースかつ膳部分@イマカツ

山口県下関産だという塩で食べてみると、薄いピンク色の赤身は肉汁たっぷりで、半透明になった脂身も甘くて美味しい。少しだけニオイがする。

衣は薄く、ちょっと揚げ油が浮いているけど、あまり気にならない。

残念だったのは、油切りの時間が長過ぎて揚げ立ての熱々じゃなかったことだ。冷房が効いていたせいもあって、食べているうちにどんどん冷めてしまった。

雑穀米はモチモチとして美味しい。赤出しの味噌汁が口をさっぱりしてくれるのが嬉しい。

行列@イマカツ

13時半ごろに店を出ると、行列ができていた。やっぱり、人気の行列店なのだった。


◆希望支払金額:2000円(六本木でこの料金はエライ)
◆費用対効果度:100%(2000円/2000円)

イマカツ
東京都港区六本木4-12-5 フェニキアルクソス1F


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1553-9cec8c42

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。