TOP > スポンサー広告 > 『外食・ズボラ・満腹OKダイエット ―「糖質制限食」の驚くべき効果』桐山秀樹(ワニブックスPLUS新書 069)TOP > 新書 > 『外食・ズボラ・満腹OKダイエット ―「糖質制限食」の驚くべき効果』桐山秀樹(ワニブックスPLUS新書 069)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『外食・ズボラ・満腹OKダイエット ―「糖質制限食」の驚くべき効果』桐山秀樹(ワニブックスPLUS新書 069)

外食・スボラ・満腹OKダイエット



『外食・ズボラ・満腹OKダイエット
―「糖質制限食」の驚くべき効果桐山秀樹(ワニブックスPLUS新書 069)


厚労省の平成22年度「国民健康・栄養調査」によると、「肥満者(BMI≧25)の割合は、男性30.4%、女性21.1%」であり、30~49歳は男性の35%が肥満で、60歳以降の女性は27%が肥満だという。ダイエットは、若い女性だけではなく、中高年にとって大きな関心事になっている。


著者は、「無理なく続けられリバウンドしない」と評判になっている「糖質制限食ダイエット」が外食でも可能だという。糖尿病を患った著者は、3カ月で20キロのダイエットに成功し、1年以上リバウンドしていないらしい。ベストセラーになっている『おやじダイエット部の奇跡』の著者でもある。

【目次】

第一章 なぜ、男は急に太りだすのか?
第二章 痩せる外メシ生活 仲間と居酒屋・夕食編
第三章 痩せる外メシ生活 接待や会合・夕食編
第四章 痩せる外メシ生活 ファミレス、定食屋での夕食編
第五章 痩せる外メシ生活 朝食・ガッツリ編
第六章 太らないランチの食べ方
第七章 糖質制限食を長続きさせるコツ


本書は、京都・高雄病院理事長の江部康二医師の診療と指導を受けた著者が自らの体験を元に書いているので、理論的な部分は江部医師の受け売りだ。

江部医師が提唱している糖質制限食は、元々は糖尿病患者のためのプログラムで、1食当たりの糖質摂取量を20g以下に抑えるというもの。糖質を制限するだけで「運動なし・カロリー制限なし・お酒はOK」と夢のようなダイエット法だ。

糖質制限食ダイエットには、ご飯や麺・パン類を食べずに朝昼晩3食すべての糖質を20g以下にする「スーパー糖質制限食ダイエット」、朝食と夕食では糖質を摂らない「レギュラー糖質制限食ダイエット」、夕食には糖質を摂らない「プチ糖質制限食ダイエット」がある。

糖質は制限するが、糖尿病患者でなければカロリーを抑える必要はないので、「満腹OK」なのである。糖質を摂らない分のカロリーは、脂質とタンパク質から摂ることになる。

本書によると、外食でいかに糖質制限をするかというと、接待や会合など料理を注文できない場合には、サラダなどの野菜を最初に食べて糖質の吸収を抑えつつ、ご飯やパンを食べないようにする。ファミレスや定食屋も居酒屋と同じくご飯を抜いた単品で注文し、冷奴などで満腹になるようにする。

糖質制限食ダイエットを実行する上で、居酒屋は最適だという。アルコールはOKだけど、糖質の多いビールや日本酒といった醸造酒は厳禁で、甘いシロップの入った焼酎のサワー類もダメだ。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を水や炭酸、お茶で割って飲む。居酒屋ならば、焼き鳥や厚揚げなど高タンパク質の料理を単品で注文できるだけでなく、お新香やサラダといった野菜も摂れる。ただし、イモ類やカボチャ、ニンジン、ゴボウは糖質を多く含むのでダメで、最後のシメのおにぎりやお茶漬け、ラーメンももちろん厳禁だ。

著者は、コンビニエンスストアも糖質制限食ダイエットに向いているサラダや豆腐などの商品が豊富だと勧めている。ゆで卵やソーセージ、ナッツ類も売っている。

コンビニエンスストアのローソンでは、2012年6月から生地にブラン(ふすま)を使った「とっておき宣言BRAN」というパンのシリーズを販売している。低カロリーと1日必要量の1/3の食物繊維にこだわっていて、糖質制限がメインではないため1個あたり10g以上の糖質を含む商品もある。しかし、ブランパンはバターロール大2個で糖質6.8g。120円。また、スプーンで食べるプレミアムブランのロールケーキ糖質5.9gと低い。(2013/2/20追記)※ローソンは、2013年4月2日からオリジナルベーカリーを「実りベーカリー」とリニューアルし、糖質制限にフォーカスした「健(すこやか)シリーズ」としてブランパンなど、ふすまを主原料としたパンを販売している。青いシールが目印。

昼食や夕食では、ご飯を食べなければ糖質制限は難しくないが朝食が困る。外食ということならば立ち食いそば・うどんがダメだし、中食のパンやおにぎりもダメ。本書ではホテルの朝食バイキングを勧めているが、出張中以外には難しい。温かい豆腐をご飯の代わりにした「すき家」の「牛丼ライト」を勧めているほか、特盛とサラダや冷奴を注文してご飯を残す、という方法を挙げている。

しかし、本書は「糖質制限食ダイエットの外食編」だとしながら、「外食」で糖質制限食ダイエットを実施するための方法を網羅的に調査しているわけではないので、物足りなさが残る。重複する記述も多く、ブームに乗ってやっつけで書いた感はある。

とはいえ、糖質制限食ダイエットについて、平易な文章でコンパクトにまとめられているので気楽に読むには向いているかもしれない。

著者は医師やサイエンス・ライターではないので当たり前だが、理論的な部分の素人っぽい説明が気になったので、続けて『腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」』江部康二著(ソフトバンク新書)を読んだ。


糖質制限の関連書籍
『腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」』江部康二
『炭水化物が人類を滅ぼす』夏井睦



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1554-4c123d65

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。