TOP > その他 > 肉野菜炒め+ご飯セット@食遊屋 楽

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

肉野菜炒め+ご飯セット@食遊屋 楽

秋刀魚がやせ細る前に食べたい。そう思って歩いていると、雑居ビルの1階に置かれたテーブルに、秋刀魚の塩焼きを発見。ビルの5階の店に行ってみた。

081001食遊屋 楽

50席を超える店内に入り、元気な女性店員に導かれてテーブルへ。12時半前なのにお客は少なかった。ビルの5階という立地が集客を落としているのだろうか。

さっそく「さんまの塩焼き定食(630円)」を注文し、ポットから麦茶を注いで飲んでいると、3~4分ほど経って女性店員が現れ、「秋刀魚は売り切れです」と言う。頭の中は秋刀魚の塩焼きで一杯だったので、別の料理がさっぱりイメージできない。

これが、1階の店だったら「また来ます」と別の店に行くところだが、わざわざエレベーターで5階まで上がってきているので、店を出るのは億劫だ。

081001食遊屋 楽メニュー

メニューを見ると、この店はご飯+みそ汁+小鉢のセットが315円で、これに鯖塩焼きやホルモン焼きなど315円の主菜を注文するシステムになっているらしい。

「じゃあ、ニラレバ炒めで」と再オーダーすると、意外な返事が返ってきた。
女性店員はメニューのニラレバ炒めを指でなぞりながら、「ニラレバ炒めはないんです。これは消えているんです」という。上の写真にちゃんと写っているように、メニューにはニラレバ炒めがちゃんと記載されている。売り切れではなく、出すのを止めたということらしい。メニューに載っている料理を「消えている」と強弁する人と言い争っても仕方がないので、ニラレバ炒めは諦めることにした。

迷っていると「鯖塩焼きはどうですか?」と勧められたが、とうしても秋刀魚の香りが頭から離れない。ちょっと迷ったあげく(ほんの数秒だけど)、「肉野菜炒め+ご飯セット(630円)」を注文した。

081001肉野菜炒め定食@食遊屋 楽

肉野菜炒めはごく普通の味だったけど、豚肉はスポンジ状のスカスカになりかけていた。冷凍焼けだろう。でも、ご飯は上手に炊けていた。そして、ご飯とみそ汁は食べ放題だという。大食いの人は嬉しいだろう。

壁に貼られたメニューを見ると、夜は料理がすべて1品300円(正確には315円?)の居酒屋になるようだ。2500円で料理が付いて飲み放題のセットもあるらしい。大酒飲みには嬉しい料金設定かもしれない。


◆希望支払金額:500円(秋刀魚だったら630円なんだけど)
◆費用対効果度:79.3%(500円/630円)

食遊屋 楽 田町店
東京都港区芝浦3-7-15 チトセビル5F

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/156-efc7264c

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析