TOP > スポンサー広告 > 特上なた(ロース)@大つかTOP > とんかつ定食 > 特上なた(ロース)@大つか

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特上なた(ロース)@大つか

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


根岸にある「大つか」へ

JR鶯谷駅の北口改札を出て、東に伸びる道の右側を50メートルほど歩いて言問通りの陸橋をくぐって尾竹橋通りに入る。50メートルほど歩いて左手に豆腐料理で有名な「笹の雪」を見て、台東区立根岸小学校の前を過ぎると、右手に店はある。

大つか

14時近くに入店すると、カウンター7席、小上がりの4人がけテーブル3卓の店に、先客はビールを飲んでいる髪の毛を濃い紫色に染めた70代女性と、携帯電話を熱心に操作して食事を忘れている40代男性の2人だけだった。。

70代の店主と同じく70代の女性店員がいた。

メニュー@大つか

この店ではロースかつを「なた」と命名している。ヒレかつは「」で、ひとくちヒレかつは「おちょぼ」。

特別料理から「特上なた(1400円)」を注文すると、70代女性は「大(だい)です」と店主に伝えた。奥さんではなく従業員らしい。

10分ほどで料理が供された。

大なた@大つか

「特上」という名前だけど、長さ16~17センチ幅7センチ厚さ1.5センチほどのかつは普通のサイズだった。

特上なた部分@大つか

岩塩らしい薄いピンク色の塩をかけて齧ると、衣が焦げていてちょっと苦い。でも、中身のかつはピンク色に揚がっていてジューシーで、血の滲んだ部分もあった。

甘くて美味しい。揚げ過ぎの衣の苦味がアクセントになっているほどだ。

キャベツの千切りは少なく、お新香も少量、小鉢には30本ほどの根を切ったモヤシのおひたしで、味噌汁は普通。ご飯は美味しかった。


鶯谷駅の西側には、寛永寺がある。

寛永寺02

意外にも伽藍はあまり広くなくて、参詣者は少なかった。


◆希望支払金額:1400円(ピンク色でジューシーなかつ)
◆費用対効果度:100%(1400円/1400円)

大つか
東京都台東区根岸3-10-2


Googleマップの大きな地図で見る

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1561-79f6178e

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。