TOP > スポンサー広告 > 『検察―破綻した捜査モデル』村山治(新潮新書 481)TOP > 新書 > 『検察―破綻した捜査モデル』村山治(新潮新書 481)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『検察―破綻した捜査モデル』村山治(新潮新書 481)

検察


『検察―破綻した捜査モデル村山治(新潮新書 481)


著者は、30年以上に渡って検察を取材してきた新聞記者。本書は、ガラパゴス化したと言われる検察の実態を詳しく紹介している。

【目次】

第1章 諸悪の温床「取り調べ」
第2章 「特捜検事の犯罪」はなぜ生まれたのか
第3章 「国策捜査」はあるのか
第4章 「小沢捜査」はなぜ批判を浴びたのか
第5章 「検察の正義」って本当に正義?
第6章 メディアは検察の共犯者なのか
第7章 検察の組織と出世双六


検察が時代遅れになっているのは、数々の冤罪事件で明らかになったように自白調書を最重要視する調書至上主義に陥っているからだ。日本の捜査当局は、「刑事免責」を与えて証言を得たり、「おとり捜査」や「電話盗聴」といった武器を持たない。そこで、十分な証拠がない場合には被疑者から自白を引き出すために、押し付け・誘導・恫喝が行われ、事前の筋書き通りの自白を得ることができる「割り屋」が優秀とされてきた。

取り調べを録音や録画して可視化すれば、自白の強要はなくなり、裁判で被告が一転無罪を主張するようなことも減り、冤罪も防げるはずだが、警察や検察は導入に消極的だ。可視化に反対していること自体が、違法スレスレの取り調べが行われていることの証左であることは、捜査関係者以外には明白なのに、そのことに気づかないふりをしているのだ。

著者は、刑事免責やおとり捜査といった武器を日本の検察が持たないことが、自白偏重の主な要因であるかのように書いているが、わが国では有史以来、拷問によって自白を得ることは日常的に行われてきた。どうしても白黒がつかない場合には、熱した鉄棒をつかませる「盟神探湯(くかたち)」や熱湯の中から小石を拾わせる「湯起請」が行われ、江戸時代には水攻めや石抱きなどさまざまな拷問によって自白を引き出してきた。その手法は戦前まで引き継がれ、取調べ中に被疑者が死亡するようなことも少なくなかった。

ほとんどの犯罪者は説得すれば罪を悔いて正直に自白する、つまり「人は嘘をつかない」が大前提とされてきたからだ。どうしても白状しない場合には、肉体的な苦痛を与えれば正直に白状するだろう、というわけだ。

しかし、「人は嘘をつく」という前提に立てば、起訴を自白に頼ることには無理がある。だから、日本以外の国では「刑事免責」による司法取引やおとり捜査によって「証言」や「証拠」を求めることになる。共同体のメンバー同士が顔見知りだった村社会だったころならいざしらず、「人は嘘をつかない」というのはいかにもナイーブすぎる。そろそろ「人はいつでも嘘をつき、平気で他人を騙す」ということを受け入れなければならないのではないか。

本書では、検察が犯した犯罪として「大阪地検特捜部主任検事証拠改竄事件」と「陸山会事件」を採り上げている。証拠改竄事件では、FDを改竄した担当検事と上司2人のみが起訴されたが、改竄されていた「証拠」は大阪高検や最高検など上級機関の「決裁」を受けていた。そこで著者は「とかげの尻尾切り」と断じている。

検察の権威はすでに失墜しているが、検事たちの特権意識による過去の不正も明らかにしている。検察官署の調査活動費の2012年度予算は6311万円だが、1998年度は5億9740万5000円だった。調査活動費は、情報提供者への謝礼が主な使途だが、実際には検事たちの飲食代や遊興費に使われていたという。その実態が99年に内部告発によって明らかにされ、急速に減ってきたのだ。しかし、調査活動費を返却した検察OBは1人もいないという。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1574-6d208544

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。