TOP > スポンサー広告 > ロースかつ定食(大)@とんかつ あおばTOP > とんかつ定食 > ロースかつ定食(大)@とんかつ あおば

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロースかつ定食(大)@とんかつ あおば

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


吉祥寺にある「とんかつ あおば」へ。

JR吉祥寺駅中央改札を出て北口から地上に出て右へ、線路沿いに西荻窪方面に300メートルほど歩いた左側に店はある。

あおば

外観はとんかつ店っぽくない。カフェの居抜きに出店したのだろうか。

この店は午前11時半から21時までの通し営業なので14時過ぎに訪れると、カウンター6席、4人がけテーブル2卓の店内には、先客は家族連れ2組みとカップル1組の8人いた。

メニュー@あおば

メニューはとてもシンプル。

温かい烏龍茶を運んできた女将らしい70代女性に「ロースかつ定食(大)1600円」を注文すると、厨房の70代店主は静かに頷いた。温泉卵と切り干し大根から選べる小鉢は、切り干し大根をお願した。

店主は、ほとんど物音を立てずに静かに調理を続ける。厚さ2センチほどの肉を取り出して、小麦粉→溶き卵→小麦粉→溶き卵→パン粉の順に衣をつけてフライヤーに投入した。

その後は、大きなダイコンの皮を剥いてイチョウ切りにし、豚汁を煮ていた大鍋に投入。続いて、冷蔵庫から長さ70センチ以上はあるロース肉ブロックを取り出して掃除を始めた。

女将は直径50センチほどはある大鍋から切り干し大根煮を大きな密閉容器に移していた。ランチが一段落して仕込みの時間帯らしい。

15分ほどで料理が供されたけど、豚汁がお椀すりきり一杯で溢れそうだった。女将はこぼれないように、ソロリソロリとお盆を運ぶ。この店ではいつもそうらしい。

ロースかつ定食(大)1600円@あおば

かつは長さ18センチ幅10センチ厚さ2.5センチほどで大きい。最初からお塩を盛った小皿がついてきた。

ロースかつ定食(大)部分@あおば

衣は剥がれているけど、加熱時間は程よく肉汁も残っている。噛み締めると、かすかに獣臭がして銘柄肉ではない普通の肉らしいけど旨みは強い。

粘り気のあるコシヒカリ系のご飯は美味しい。漬物は、既製品の野沢菜と沢庵。

ひき肉のような細かい脂身が浮いた豚汁は、白味噌仕立てでダイコン、ごく薄切りのゴボウ、ニンジンがたっぷり入っていて美味しい。ネギのみじん切りをたっぷり入れたらもっと美味しいだろう。


◆希望支払金額:1600円(肉汁があって旨みの強いかつ)
◆費用対効果度:100%(1600円/1600円)

とんかつ あおば
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-17


Googleマップの大きな地図で見る


関連記事

コメント

「カフェの居抜きに出店したのだろうか」とありますが
実はそうじゃなくて
外装も内装も前の店とは全く変わりました。

前の店は吉祥寺でも有名だった「大善」という中華料理店でした。
http://comana.cocolog-nifty.com/weekday/2004/07/post_15.html
汚いけど非常にうまい店でした。

きれいでうまい店に変わったのですね。

Re: タイトルなし

情報ありがとうございます。

老夫婦に似合わないおしゃれな店だったので、居抜きで出店したのかと思っていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1591-1b0e99d1

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。