TOP > スポンサー広告 > 大ロースかつ定食@把恋(ばれん)TOP > とんかつ定食 > 大ロースかつ定食@把恋(ばれん)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ロースかつ定食@把恋(ばれん)

→ 【地域別】とんかつ店リスト
→ 【価格別】とんかつリスト
→ 【とんかつランキング】


巨大なかつで評判の大田区矢口にある「把恋(ばれん)」へ。

東急多摩川線武蔵新田駅を出て右に20メートルほど歩いて環八通りを渡り、左に30メートル歩くと右側に店はある。武蔵新田は、「むさししんでん」ではなく、「むさしにった」と読む。駅の南側に、新田氏にゆかりのある新田神社があるためだ。

把恋

カウンター8席、4人がけテーブル3卓の店内に、先客は7人だった。常連らしきオヤジ2人がタバコを咥えて、ビールやチューハイを飲んでいた。

メニュー@把恋

カウンター席に座って、「大ロースかつ定食(1200円)」を注文すると、女将らしき女性が小さなすり鉢入りのゴマを持ってきた。

とんかつの芳ばしい香りがゴマに負けてしまうので、ゴマとんかつソースは好きじゃないけどスリスリして待っていると、店主はフレイヤーから次々にかつを揚げ始めた。あらら。まだ、先客4人には料理が供されていないのだった。

5分ほどして、ようやく私の分の肉に衣をつけはじめた。分厚いロース肉に期待が高まる。

10分ほどで料理が供された。

大ロースかつ定食1200円@把恋

たっぷりのキャベツの千切りに立てかけられたロースかつは、評判通りで巨大だ。長さ18センチ幅15センチ厚さ4センチほどはある。

大ロースかつ定食部分@把恋

むふふ。芯がまだピンク色で厚さ4センチ近くはあるロース肉からは肉汁があふれている。赤身と脂身が4対1ほどでバランスが良く、噛むと口いっぱいに肉汁と脂身の甘みが広がりとても美味しい。

残念ながら途中から余熱で赤身が白くなってしまった。それとともに肉の獣臭さが気になってきたので、ゴマとんかつソースや醤油で食べた。

ご飯はさっぱりとした味で、野菜たっぷりの豚汁も美味しかった。

恋の把(わ:たば)という奇妙な店名について尋ねてみたかったけど、店主も女将も咥えタバコで常連たちとの会話に盛り上がっていて、声をかけるきっかけがなかった。


武蔵新田駅を出て左に300メートルほど歩くと、新田神社がある。南北朝時代の武将・新田義興(新田義貞の次男)を祀る神社だ。多摩川の矢口渡で義興の謀殺に関わった人が狂死したので、善興の霊を大明神として祀ったという。

境内に「LOVE神社」という不思議な石碑がある。

LOVE神社@新田神社

アートディレクターの浅葉克己にデザインを依頼したという。縁結びの神社として若者ウケを狙ったのだろうけど、彫刻家じゃなくグラフィックデザイナーに作らせるとこんな平面的でつまらないものになる、という見本だ。馬鹿馬鹿しい。

石の卓球台@新田神社

社の横に石造の卓球台があった。こちらも卓球好きの浅葉克己がプロデュースしたもので、ラケットやピンポン玉は貸し出してくれるらしい。これは「LOVE神社」よりずっとマシだ。実用的だもの。


◆希望支払金額:1500円(分厚くてジューシーなかつ)
◆費用対効果度:125%(1500円/1200円)

把恋(ばれん)
東京都大田区矢口1-7-13


Googleマップの大きな地図で見る
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1597-e46e1c7c

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。