TOP > スポンサー広告 > 特ロース(お新香付)定食@とんかつ太郎TOP > とんかつ定食 > 特ロース(お新香付)定食@とんかつ太郎

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特ロース(お新香付)定食@とんかつ太郎

【地域別】とんかつ店リスト
【価格別】とんかつリスト
【50音順】とんかつ店リスト
【とんかつランキング】


中野区野方にある「とんかつ太郎」へ。この店には一時期よく通っていた。

線路の北側にあったはずの店が、電車からは見えないことに気づいたのは数年前のことだった。閉店してしまったのかと思っていたら、線路の南側の都立家政駅寄りに移転していた。野方駅の北口を新設するために、4年前に立ち退きにあったらしい。

西武新宿線野方駅の南口を出て、そのまま線路沿いに100メートルほど歩くと現在の店はある。

とんかつ太郎

店内には、4人がけテーブル2卓とカウンター4席、小上がりにも4人がけテーブルが2卓あった。

メニュー@とんかつ太郎

平日には、ロース定食が割引になってさらにミニコロッケ・エビフライ・ミニカレーのどれかが選べて1000円のお得なランチがある。

お茶を運んできた女将に「特ロース(お新香付)定食(1570円)」を注文すると、「特上です」と厨房の店主に伝えられた。

この店の創業者は「太郎さん」と呼ばれていたイナセな親父だった。都内にいくつかある「とんかつ太郎」はお弟子さんたちの店だと聞いたことがある。

現在の店主は、創業者の「太郎さん」が引退する直前のころに修業されていた。

そのころの面白エピソードを1つ。

あるとき「とんかつ太郎」に電話がかかってきて、相手は「大工さん、お願いします」と言った。「ウチはとんかつ家ですが……」という返事に、相手は再び「大工さんお願いします」と言う。「ですから、ウチはとんかつ家なんです」と大きな声で答えると、店の裏で片付けをしていた現在の店主が慌てて走ってきて「僕が大工なんです」と言って電話に出たという。

石垣島出身で「大工」という珍しい苗字なのだけど、当時の「とんかつ太郎」は職人さんを苗字ではなく下の名前で呼んでいたため、電話を受けた人が「大工」という苗字を知らなかったのだった。

昔話を思い出しながら新書を読んでいると、15分ほどで料理が供された。

特ロース定食1570円@とんかつ太郎

長さ18センチ幅12センチ厚さ1.5センチほどのカツからは、ラードの甘い香りが立ち上っている。昔はもっとぶ厚かったような気もするけど、きっと記憶の拡大作用だろう。

特ロース定食部分@とんかつ太郎

カツの中央はほとんどが赤身で、最近流行りのレアっぽい揚げ方じゃなくしっかり揚がっている。肉の繊維の歯応えが心地よい昔ながらのとんかつだ。薄い衣はサクサクと軽い。

カツの右端はほとんどが赤身で、左端は8割ほどが甘い脂身だった。

太めで噛みごたえのある山盛りの千切りキャベツは、手が空いている時間に店主がずっと切り続けていたもの。昔も職人さんたちが、大きな牛刀でザクザクとキャベツの塊を刻んでいたっけ。

塩漬けの白菜と刻み昆布と削り節を重ねて直方体に切ったお新香も、昔通りの薄塩味で美味しい。自家製ぬか漬けのお新香も薄塩でもちろんとても美味しい。

艶やかで美しいご飯はモチモチとした食感で美味しく、赤だしの味噌汁はシジミ入り。

食後に、首筋から胸にかけて美味しさがじわじわと染みてきた。

久しぶりに会った初恋の人が、昔と変わらず美しくてとても嬉しかった、という感じかな。


◆希望支払金額:1570円(甘くて香り豊かなカツ)
◆費用対効果度:100%(1570円/1570円)

とんかつ太郎
東京都中野区野方5-32-10 茂野ビル1F


大きな地図で見る

関連記事

コメント

野方にこんなにステキなお店があるんですね

Re: タイトルなし

ひばりヶ丘さん、「とんかつ太郎」はオススメです。

西武新宿線沿線ではナンバーワンのとんかつ屋という人もいるほどです。

時間のあるときにぜひ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1633-7e37b58b

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。