TOP > スポンサー広告 > ロースかつランチ(超厚切り)@豚組食堂TOP > とんかつ定食 > ロースかつランチ(超厚切り)@豚組食堂

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロースかつランチ(超厚切り)@豚組食堂

2013年4月28日にオープンしたばかりの六本木「豚組食堂」へ。

この店は、肉汁ボタボタの西麻布「豚組」の支店。

東京メトロ日比谷線六本木駅の広尾寄り改札口を出て左に歩くと、そのまま「六本木ヒルズノースタワー」の地下飲食街に直結している。地下飲食街の中央に店はある。

豚組食堂

13時過ぎになっても行列が伸びている。でも、最後尾に並ぶと数分で店内に案内された。

カウンター14席、2人がけテーブル8卓の店内は、いくつかの席が空いているじゃないか。それに店内には待っているお客用の長いベンチまであるのに使われていないじゃないか。店外で行列に並んだのは数分だけど、なんだか騙された気分。

メニュー@豚組食堂

ランチは、ロースかつランチフィレかつランチだけ。普通と1.5倍、2倍(超厚切り)がある。

お茶とおしぼりを運んできた女性ホール係に「ロースかつランチ超厚切り(1780円)」を注文すると「20分ほどかかりますが!」語気鋭く宣言された。時間のかかって回転率を落とす超厚切りはありがたくないらしい。

オープンキッチンの厨房で調理を担当しているのは60代と30代男性。ホール係は、若い女性2名と男性1人、奥の洗い場にも2名の男性がいて、さらに店長らしき男性もいる。席数に対してスタッフが多すぎるような気がする。

待つ間に周りを見渡すと、お客がどんどん帰っていき、テーブルの片付けが終わっているのに、5分ほどお客を案内せずに待たせている。やはり“行列店”を偽装しているのだった。

待たされているお客にはガラス越しに店内が見えるし、入店した途端に空席だらけなことがわかる。通行人に行列を見せるメリットよりも、わざわざ訪ねてくれたお客を不愉快にさせることのデメリットの方が大きいことぐらい小学生でもわかるだろう。しかも、この店は行列中のお客から注文を受ける知恵もないらしい。

西麻布の本店のサービスは素晴らしかったのに、この店の店長の小賢しさにはげんなりさせられた。

20分はかからずに、15分ほどで料理が供された。

ロースかつランチ超厚切り1780円@豚組食堂

長さ18センチ幅10センチと小ぶりだけど、厚さは3センチ以上の超厚切りだ。

ロースかつランチ部分@豚組食堂

左端は8割が脂身、右端は赤身の肉は、肉汁たっぷりに揚がっていた。本店のように肉汁がポタポタと垂れることはなかったけど、切れ目には淡雪のようにふわふわに固まった肉汁が溜まっていた。もちろん、とても美味しい。

小さな茶碗に軽くよそってあったご飯は、固めに炊かれていて美味しい。味噌汁には小さなナメコが少しだけ入っていた。千切りキャベツは時間が経ってしんなりしていた。

ご飯をお代わりすると、今度は山盛りにしてくれた。お代わりのキャベツはシャキシャキで美味しかった。


◆希望支払金額:1780円(文句なく美味しいけど)
◆費用対効果度:100%(1780円/1780円)

豚組食堂
東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー B1


Googleマップの大きな地図で見る


【地域別】とんかつ店リスト
【価格別】とんかつリスト
【50音順】とんかつ店リスト
【とんかつランキング】
【東京とんかつ店マップ】


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1647-463a8646

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。