TOP > スポンサー広告 > なた切り(ロース)定食@ほりきTOP > とんかつ定食 > なた切り(ロース)定食@ほりき

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なた切り(ロース)定食@ほりき

行徳のとんかつ専門店「ほりき」へ。この店は「のんべいさん」にコメントで教えていただきました。

東京メトロ東西線行徳駅の改札口を出て左へ、さらに左へ高架沿いに浦安方面に100メートルほど歩き、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」の角を右折して、100メートルほど歩くと左側に店はある。10台分の専用駐車場を備えた3階建ての立派なビルだった。

ほりき

カウンター席、テーブル席、小上がりのテーブル席を合わせて60席以上はある大きな店で、背の高いコック帽をかぶった60代のご主人ともう1人の男性が調理を担当し、ハッピ姿の60代女性2人がホール係を担当している。

メニュー@ほりき

店内に貼られた浮世絵をモチーフにしたポスターによれば、店主が堀木隆氏で女将が堀木洋子さんで、看板料理が「丸太(ひれ)」と「なた切り(ロース)」らしい。

お茶とおしぼり、割り箸を運んできた女性に、「なた切り(ロース)定食(1800円)」を注文すると、「サラダとお新香のどちらにしますか?」と尋ねられたのでお新香をお願いした。

「なた切りは時間はかかります」という貼り紙どおりに、20分ほどかかって料理が供された。

なた切り定食1800円@ほりき

予想よりも小さく、長さ17センチ幅10センチ厚さ3センチ以上の直方体のかつだった。ナタのような形に切ったということなのか、ナタで切ったような形のどちらだろう。

なた切り定食部分@ほりき

ラードで揚げた甘い香りをまとったかつは、中央は2割ほどが脂身で、右端は半分ほどが脂身。しっかり揚がっていて、赤身は白く変色しているけど、脂身が半透明で甘い

驚くべきは衣の薄さ。パン粉を除けば1ミリ以下の極薄だった。間違いなくこれまで食べたどのとんかつの衣よりも薄い。衣が肉から剥がれずに揚がっているのは、確かな技術があるからなのだろう。

大きなお椀(実際は飯碗)で供された豚汁は、ダイコンとニンジン、豚こま切れ肉というシンプルな材料なのに、野菜の旨味や甘みが煮出しされていてとても美味しい。ドンブリ3杯飲みたい。

14時の閉店間際になっても、お客が次々に訪れる人気店だった。

のんべいさん」、ようやく行けました。


◆希望支払金額:1800円(脂肪が甘くて美味しい)
◆費用対効果度:100%(1800円/1800円)

ほりき
千葉県市川市行徳駅前2-21-5


Googleマップの大きな地図で見る

【地域別】とんかつ店リスト
【価格別】とんかつリスト
【50音順】とんかつ店リスト
【とんかつランキング】
【東京とんかつ店マップ】



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1648-4b9802cb

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。