TOP > スポンサー広告 > 激辛カツカレー@KAZUSAYA(かずさや)TOP > カツカレー > 激辛カツカレー@KAZUSAYA(かずさや)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激辛カツカレー@KAZUSAYA(かずさや)

【激辛カレー】


JR田町駅と浜松町駅の中間にある芝商店会では、「The芝辛 Exciting! 芝・激辛商店街」というキャンペーンを展開中だ。参加している7店舗の飲食店でハバネロの2倍の辛さがあるブート・ジョロキアを使った料理を提供している。

ノボリ@芝辛 激辛ストリート

その中の1店舗「pork curry and wine KAZUSAYA」は、商店街の浜松町寄りにある。

kazusaya.jpg

なぜか店頭には「The芝辛」のノボリがなかったけど、ドアの横に激辛メニューが貼ってあった。

CA3A0076.jpg

激辛メニューなのに、旨辛・大辛・激辛と3段階あるのはどういうことか。

ジャズの流れる店内は、カウンター8席、4人がけテーブル4卓、2人がけテーブル2卓、8人がけ長テーブル1卓と広い。

店内には、20代の男性が2人と、40代から60代のワイシャツ姿の7人の男性グループがいた。

奥のテーブル席に案内された。メニューを見ると、オムライスやコロッケ、ロースカツなどいわゆる洋食屋の料理が並んでいる。

レモン風味の冷水を運んできた日焼けした男性ホール係に「激辛カツカレー(1200円)」を「激辛」で注文した。

それとなく店内を眺めていると、手持ち無沙汰かと思われたのか、ホール係の青年がスポーツ紙と産経新聞を持ってきてくれた。

彼は、作業の合間に店内を注意深く見ていて、キビキビとした動きで、お客の水を足したり食べ終えた食器を手早く片付けている。その働きぶりを見るだけで気持ちいい。

カウンター奥の厨房はカーテンで仕切られていてよく見えないけど、短いコック帽をかぶった50代の男性料理人がいるようだ。

しばらくして運ばれたコンソメスープを飲むと、さっぱりしているけど旨味が強い。うわぁー、期待が高まるなあ。

先客7人の料理が運ばれ、10分ほどで「熱いのでお気をつけください」という声とともに料理が供された。

激辛カツカレー1200円@kazusaya

焼いた土鍋でカレーがグツグツ煮立っている。素揚げしたナス・ジャガイモ・カボチャ・シシトウの下に、 長さ12センチ幅10センチほどのカツが隠れていた。

激辛カツカレー部分@kazusaya

カレーは、酸味と甘みバランスがとれた欧風カレーでとても美味しい。激辛にしなければ子供も喜ぶだろう。

辛さはそれほどでもないけど、ときどき青唐辛子の香りがしたのは、ブート・ジョロキア以外にプリッキ・ヌー(タイの唐辛子)のペーストを加えているのだろうか。

肉は厚さ2センチ近くあって、しっかりとした歯応えで噛み締めると肉汁が溢れ、激辛カレーと混じって旨い。

コシヒカリと思われるご飯は、素晴らしい炊き具合でモチモチと美味しい。ダイコンとキャベツのサラダもドレッシングが多過ぎないサッパリとした味で美味しかった。

激辛が苦手な人は、普通の辛さで満足するはず。


◆希望支払金額:1500円(激辛でウマウマ)
◆費用対効果度:125%(1500円/1200円)

KAZUSAYA(かずさや)
東京都港区芝2-10-6


Googlemapの大きな地図で見る

JR浜松町駅の南改札口を出てそのまま真っすぐ進み、金杉橋方面出入り口から地上に出る。線路沿いに田町方面に200メートルほど歩き、突き当りを右折して200メートルほど進み金杉橋北交差点で第一京浜を越え、さらに100先の将監橋交差点を左折して200メートル先の右側に店がある。


【地域別】とんかつ店リスト
【価格別】とんかつリスト
【50音順】とんかつ店リスト
【とんかつランキング】
【東京とんかつ店マップ】


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1664-2f1b7b83

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。