TOP > スポンサー広告 > カツカレー@カレー専門店 クラウンエース 上野店TOP > カツカレー > カツカレー@カレー専門店 クラウンエース 上野店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツカレー@カレー専門店 クラウンエース 上野店

上野にある「カレー専門店 クラウンエース 上野店」へ。

土曜日の午後のアメ横は、中国人観光客でごった返していた。元々、ウイークエンドのアメ横は混み合っていたけど、中国人の集団が、所々で道路を占拠しているため歩みが遅い。

アメ横センターのアメ横側1階には、小さなテーブルを並べた点心やケバブの店などが軒を並べていた。都心では数年前にあっという間にブームが去った焼き小龍包の店が何軒もある。中国人観光客目当てで開店したのだろう。

クラウンエース

店は、ガード下のJR上野駅近くにある。

券売機@クラウンエース

写真が切れてしまったけど、券売機の左上端にある「カツカレー(500円)」の食券を購入。

コの字型に並んだ20席ほどのカウンター席には、お客は半分ほど。「空いている席にどうぞ」という声に従って席に付き、食券をカウンター上段に乗せると、プラスチックコップに入った冷水が届けられた。カウンター内には3人、奥の厨房では2人が働いている。

この店のサービスが素晴らしいのは、カウンター内のスタッフが、お客のコップに目を凝らしていて、半分ほど飲み干すとすぐに冷水を足してくれるのだった。

5分ほどで料理が供された。

カツカレー500円@クラウンエース

久しぶりに見るこの店のカツはガッカリだった。

カツカレー部分@クラウンエース

肉は厚さ2~3ミリほどでペラペラ。衣は柔らかくてペロペロしている。

これをカツと呼ばなくてはいけないのは悲しいのう。とはいえ、ワンコインだしなあ。

カレーには、小指の爪ほどの肉片がいくつか入っていた。口に含むと、溶けるように崩れて豚肉の旨みが広がる。

カレーソースはちょっと糊っぽいけど、野菜と豚肉の旨みが溶け込んでいてとても美味しい。爽やかな酸味はトマトピューレだろうか。


◆希望支払金額:500円(カツはひどいけどワンコインだから)
◆費用対効果度:100%(500円/500円)


カレー専門店 クラウンエース 上野店
東京都台東区上野6-12-11


Googlemapの大きな地図で見る
※JR上野駅不忍口を出て中央通りを渡り、アメ横の1本東側の通りを入ってすぐのところに店はある。


【地域別】とんかつ店リスト
【価格別】とんかつリスト
【50音順】とんかつ店リスト
【とんかつランキング】
【東京とんかつ店マップ】



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1686-1f9e1a3d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。