TOP > スポンサー広告 > 亀有メンチカツ丼@亀有メンチTOP > 丼物 > 亀有メンチカツ丼@亀有メンチ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀有メンチカツ丼@亀有メンチ

亀有のメンチカツ専門店「亀有メンチ」へ。

亀有メンチ

この店は、一時期いろんなメディアに採り上げられていた。店内には芸能人のサイン入り色紙が飾られてたけど、もちろん秋本治筆の両さんの色紙が一番目立っている。

15時時すぎに入店すると、大柄な60代の店主に「どこでもお好きな席にどうぞ」と勧められた。

カウンター席8席、4人がけテーブル2卓の店内に先客は常連客1人だけで、メンチカツをつまみに酎ハイらしい物を飲んでいた。

メニュー1@亀有メンチ

メンチカツといっても、主原料は豚肉・牛肉・鶏肉と肉は3種類あって、カレーや味噌、バジル、シソなどの風味があって、全部で10種類のメンチカツを提供している。

メニュー筆頭の「亀有メンチカツ丼 並(480円)」「とん汁セット(+100円)」で注文した。

店主の息子さんらしき30代男性が調理を担当していて、店主の「ブタ丼」という合図で冷蔵庫からパテを取り出し、衣を付けてフライヤーに投入した。この店では、注文を受けてからメンチカツを揚げてくれるのだ。

店頭には持ち帰りのお客がひっきりなしに訪れ、店主が応対していたけど、すぐに冷蔵庫からパテを取り出して衣を付けフライヤーに投入していた。売れた分を補充しているのだ。

30代男性が付きっきりで揚げていたけど、意外に時間がかかって10分ほどで料理が供された。

亀有メンチカツ丼500円+とん汁@亀有メンチ

大きな丼にごはん・千切りキャベツを盛って、直径10センチほどのメンチカツが2個載っている。

亀有メンチカツ丼部分@亀有メンチ

普通かなと思ったら大間違いで、この店にメンチカツは一番厚い部分は3センチほどはある。

かぶりつくと、薄い衣はサクサクで、中身は熱々で肉汁がじわーと滲み出して美味しい。1切れに7ミリ角くらいのタマネギが数個入っていた。

メンチカツ2枚は余裕だろうと安心していたら、途中で胃袋にどーんと重みを感じた。この店のメンチカツは、1個で一般的なメンチカツ2個分の量なのだった。

でも、ドミグラスソースがベースで甘めの「スペシャルソース」、ウスターソースにスパイスを効かせた「特製ソース」、普通の「中濃ソース」、ポン酢醤油しぼりたて生しょうゆと調味料がいろいろ用意してあるので飽きずに食べられた。

キャベツはたっぷりだし、ご飯もモチモチとした歯応えで美味しかった。

とん汁は、じっくり煮込まれたいちょう切りのダイコンとニンジン、豚肉が、箸でかき混ぜられないほどザクザクとたっぷり入っていて嬉しい。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


◆希望支払金額:600円(メンチカツ2個だけど実は4個分だもの)
◆費用対効果度:125%(600円/480円)

亀有メンチ
東京都葛飾区亀有3-32-5
営業時間:[月・水~土]11:00~21:00
     [日]11:00~20:00
定休日:火曜日


Googlemapの大きな地図で見る
※JR常磐線亀有駅南口を出て、駅前ロータリーの左側を歩き、正面の「ゆうろーど」という商店街を50メートルほど歩いて左折し「仲町商店会」を右折して20メートルほど歩いた左側に店はある。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1716-ecad3d73

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。