TOP > スポンサー広告 > ほうれん草チキンカレー(激辛)@アイキッチン 富士見台店TOP > 激辛カレー > ほうれん草チキンカレー(激辛)@アイキッチン 富士見台店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうれん草チキンカレー(激辛)@アイキッチン 富士見台店

西武池袋線沿線に行く用事があったので、安くて美味しいインドカレーを出すと評判の「アイキッチン 富士見台店」へ。

アイキッチン富士見台店

4人がけテーブル3卓、2人がけテーブル2卓の店内に先客は女性2人づれが2組。それと、テイクアウト待ちの赤ん坊を連れた若い女性がいた。

メニュー@アイキッチン富士見台店

ランチの「Aセット(650円)」は、チキン・マトン・キーマ・野菜・ほうれん草チキン・豆の6種類からカレーを1品、ナンかライスを選ぶ。辛さは、甘口・普通・辛口・激辛がある。「ほうれん草チキンカレー+ナン+激辛」でお願いした。

5分ほどでサラダが供され、8分後に料理が供された。

Aセット(ほうれん草とチキンカレー)650円@アイキッチン富士見台店

ナンが巨大だ。長さ40センチ以上あった。驚くことにランチは650円とリーズナブルな値段設定で、ナンかライスが食べ放題になっている。

壁に「ナンの持ち帰り禁止」という貼り紙があった。食べ放題に乗じてナンを何枚も注文して持ち帰ろうとする不心得者がいるのだろう。この辺りは、こんな注意書きを貼らなければならないほど民心が荒廃しているのか。

ほうれん草とチキンカレー@アイキッチン富士見台店

カレーはドロリとして、カシューナッツペーストがベースらしく濃厚な味で美味しい。激辛を頼んだけど、チクチクする唐辛子の辛さがあるだけで、ガツンとくるようなスパイスの強烈さはなかった。ときどきフェンネルを噛むので爽やかな香りが舌先に広がる。

鶏肉は、親指の爪ほどの塊が4〜5個入っていた。噛みしめると、何故かインドで食べた懐かしい味と香りがする。当時のインドの鶏肉は、農家の庭先を走っているような筋張って固い肉だったから、このブロイラーとは違うはずなのに。下味の付け方が同じだからなのだろうか。

サラダは、ほとんどが千切りキャベツでニンジンとレタスが少し混じっていた。


↓ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


◆希望支払金額:800円(食べ放題とは無縁だけど)
◆費用対効果度:123%(800円/650円)

アイキッチン 富士見台店
東京都練馬区富士見台2-18-9 へんみビル1F
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:30
定休日:無休


Googlemapの大きな地図で見る
※西武池袋線富士見台駅南口を出て右(西)へ、「ほんちょう通り」という商店街を道なりに300メートルほど歩くと右側に店はある。


→【激辛カレー】



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1725-4aab9d33

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。