TOP > スポンサー広告 > 香り豚とんかつ定食@かつ蔵 新橋5丁目店TOP > とんかつ定食 > 香り豚とんかつ定食@かつ蔵 新橋5丁目店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香り豚とんかつ定食@かつ蔵 新橋5丁目店

香り豚というブランド豚を使っている新橋の「かつ蔵 新橋5丁目店」へ。

かつ蔵

立て看板@かつ蔵

店頭の立看板には、香り豚とんかつ定食は「140〜50gロース」とある。期待が高まるなあ。

入店しようとすると、60代のおやじ7人組がちょうど入ろうとしていた。

券売機@かつ蔵

しばらく順番待ちをして、入り口右の券売機で「香り豚とんかつ定食 ごはん(小)880円」のチケットを購入すると、30代の女性ホール係にすぐそばの2人がけテーブル席に案内された。

「香り豚」というのは埼玉県の松村牧場が育てたSPF豚のブランドで1日20食限定。これ以外の定食は「北総豚」というブランドの三元豚を使っている。

おやじ7人組の後だったので、10分ほどで料理が供された。

香り豚とんかつ定食880円@かつ蔵

お皿が直径24センチほどあって、とんかつが幅広にカットされているのであまり大きく見えないけど、長さ20センチ以上あって、幅は大きなところで12センチ以上はある。140〜150gもあるんだから当たり前だ。

香り豚とんかつ定食部分@かつ蔵

肉の厚さは8ミリほどで十分に加熱されているけど、揚げ過ぎというほどではない。

SPF豚なのだから、ここまで熱を通さなくても大丈夫なのに、もったいないなあ。赤身は微かに芳ばしい香り脂身は甘い香りで、柔らかい筋がとても美味しい

粒の大きなパン粉を使った衣はサクサクと歯応えが良くて、肉は驚くほど柔らかい。箸で簡単にちぎれるほどだ。40代くらいの調理人は肉を叩いていなかったようだから元々柔らかい肉なんだろう。

千切りキャベツがたっぷりで嬉しいけど、水切りが不十分でかつの裏側の衣がビチョビチョになっていた。こういうことにはあまり気を使わない店らしい。惜しいなあ。

味噌汁の具はワカメとほんの少しのネギ。削り粉の味と風味が強くて旨みが強い。

ご飯は普通。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

◆希望支払金額:880円(SPF豚がこの値段ならば満足)
◆費用対効果度:100%(880円/880円)

かつ蔵 新橋5丁目店
東京都港区新橋5-9-8 永島ビル1F


Googlemapの大きな地図で見る
※JR新橋駅烏森口改札口を出て右へ進み、新橋烏森通りに交差する道に左折し、250メートルほど南下して、ガソリンスタンドの先の左側に店はある。


【地域別】とんかつ店リスト
【価格別】とんかつリスト
【50音順】とんかつ店リスト
【とんかつランキング】
【東京とんかつ店マップ】



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1726-e4f53ba8

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。