TOP > スポンサー広告 > 『家族の悪知恵―身もフタもないけど役に立つ49のヒント』西原理恵子(文春新書969)TOP > 新書 > 『家族の悪知恵―身もフタもないけど役に立つ49のヒント』西原理恵子(文春新書969)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『家族の悪知恵―身もフタもないけど役に立つ49のヒント』西原理恵子(文春新書969)

20140725112747b30.jpg



『家族の悪知恵―身もフタもないけど役に立つ49のヒント西原理恵子(文春新書969)



ベストセラーになった前著『生きる悪知恵』の第2弾。

サイバラが、新聞や雑誌の人生相談風に家族にまつわる49の相談に、快刀乱麻ぶりをみせている。といっても、本書は前書と同様に雑誌等の連載をまとめたものではなく、いかにもありそうな相談はすべて架空のものだ。

以前、雑誌に寄せられる読者からの人生相談には使えるものが少ないので、編集者が創作していることが多い、という話を聞いたことがある。であれば、多くの雑誌と同様に相談は編集者の作文であっても、回答が面白ければ良いことになる。

【目次】

第1章 「困った夫&妻」編—夫婦は他人の始まりだから
第2章 「子育て」編—ならぬ堪忍するが堪忍
第3章 「家族もいろいろ」編—普通じゃなくてもいいじゃない
第4章 「人生の選択」編—ごちゃごちゃ言うよりやってみなはれ
第5章 「親兄弟が面倒くさい」編—バカとハサミは使いよう
特別企画 母子座談会「西原家の悪知恵」


本書は、前書と違って「結論」は警句のような切れ味はイマイチだけど、「相談」に工夫があって面白いし、サイバラの語りは前書に増して奔放だけど核心をついた回答が面白い。

例えば、「娘がウソをつく」という相談には、「子供は北朝鮮」と思いましょう、と答えている。

相手は北朝鮮なんだから、正直言ったって通じないし、ウソをつくのが当たり前。絶対最後に「知らない」「そんな約束していない」って言いだすので、そこをどうやってネゴシエイトするかですね。(p.58)

前著に、使えない部下を「ネジだと思えば腹も立たない」という惹句があったが、子供は理屈の通じない「北朝鮮」だと理解すれば、いくら腹を立てても解決にはならないと得心できる。

「家庭を現状維持しつつ、ほかの男性に身体を許すのはありですか?」という不倫の相談には、夫とは“家族”になったらいつまでも“素敵な恋人”でいられると思うこと自体がお花畑で、亡くなった夫の鴨ちゃん(戦場カメラマンの鴨志田穣)がよそに彼女ができた時にも全然腹立たなかった、と太っ腹だったところを見せている。

女性はホントにダンナさんも私も清く正しく、家庭は隠しごとのない――的な真面目な方が多くて。その相手が浮気をすると「死にたい」「殺したい」ってことになっちゃう。私らなんかは「なんでそれくらいで?」「ちょちょっと洗えばまた使えるじゃん」って思うんだけど(笑)。(p.100)

すごいなあ。

サイバラにとっての結婚は、「子供を中学とか高校まで行かせるためだけの契約」だからだ。だから、夫婦が互いに不倫してもかまわないことになる。

地元でも有名なバカ高校に通う女子高校生の「低学歴の世界から抜け出したい」という相談には、

同じチンコなら都会で仕事のできる男のチンコをくわえろ。

とアドバイスしている。

やりたいことがあるなら誰かに弟子入りするのでも何でもいいし、とにかく取っかかりを見つけてください。(…)そこからどうしてものし上がりたかったら、せっかく若い女のコなので、その先生とヤっちゃってください。そうすると、すべてのノウハウを教えてもらえますんで。(p.130)

そして、時間の無駄だから、劇団員とかカメラマンの卵のような夢を一緒に追いかける彼氏は持たないこと、と釘を刺している。

巻末に、高2の息子「ガンジ」と中2の娘「ひよ」との座談会が掲載されている。自由で妙に大人びているのが、いかにもサイバラの子供たちらしいが、その子供たちの将来の希望を尋ねられて、サイバラは「勤め人は、やめたほうがいい」と答えている。「日本人は頑張りすぎ。みんな“一人ブラック企業”」だからだ。

子どものころからぼんやりしていたためか、就職した時には上司や先輩が顧客の理不尽な要求にも完璧に応えようとしたり、納期の帳尻さえ合えば良いのにすべて既定のスケジュールで仕事を進めようとするのを見てカルチャー・ショックを受けたことを思い出した。

全員が目を三角にして必死に働く姿は、偏執狂的とさえ思えたものだ。確かに日本人の働き方は頑張りすぎだし、一人ブラック企業なのだと思う。

最後には、娘にノルマとして「離婚三回、家5軒ね」というジョークを飛ばしている。サイバラの母が離婚2回で家を2軒建て、サイバラが離婚1回で家を3軒建てたから、その合計だ。中2の娘に言うべき言葉ではないような気がするが、サイバラ家ではこれでいいのだろう。



↓ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1754-201d4b56

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。