TOP > スポンサー広告 > ピピカレー@トリコカレーTOP > カレー > ピピカレー@トリコカレー

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピピカレー@トリコカレー

中野と高円寺の間にある「トリコカレー」へ。

201408091250559d8.jpg

明るい内装の店内は、4人がけテーブル1卓、2人がけテーブル3卓、カウンター4席。

20140809125056e3c.jpg

メニュー筆頭の「ピピカレー(1000円)」を注文した。ごはんは白米・玄米、少なめ・普通・大盛りから選べ、カレーは、甘口と辛口から選べる。玄米・普通盛り・辛口でお願いした。

すぐにジャーという野菜を揚げる音が厨房から聞こえ、しばらくしてサラダが供され、5分ほどで料理が供された。

201408091250580a4.jpg

この店のカレーは「濃厚仕上げ」。小鉢の鶏スープが添えられていて、好みの濃さに調整しながら食べるようになっている。

20140809125100a0c.jpg

メニューに「10種類以上の野菜」と書かれている通り、ナス・カボチャ・レンコン・ピーマン・赤パプリカ・黄パプリカ・プチトマト・シシトウ・レンコン・枝豆・黒豆・コーン・ダイコン・ズッキーニ・アボカド・ニンジンなど、色とりどりの野菜が美しく盛りつけられている。

カレーは、確かに濃厚でスパイスの複雑な香りと旨みが絡み合ってびっくりするくらい美味しい。

どこかで食べたカレーに似ていると考えながら食べ進めたけど、ちょっと思い出せない。

よく炒めたタマネギをベースにしているようだけど、タマネギの甘みはそれほど強くない。

鶏スープを飲んでみると、塩味をつけて白胡椒を振りかけたら、それだけで立派なチキンスープになる旨さだった。

半分ほど食べたところで、カレーを鶏スープで伸ばしながら食べる。ご飯と濃厚カレーを混ぜながら食べるのも美味しいけど、スープをたくさん加えてスープカレーみたいにしても、それはそれで美味しい。

そうか、この店のカレーはスープカレーへのアンチテーゼみたいなものか。

サラダは、ドレッシングで和えたパスタとレタスに、濃厚なトマトソースをかけたものだった。このソースも美味しい。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


◆希望支払金額:1200円(濃厚カレーがとても美味しい)
◆費用対効果度:120%(1200円/1000円)

トリコカレー
住所:東京都中野区中野4-20-6
営業時間:12:00〜15:00 17:00〜21:00
定休日:不定休

※JR中央線中野駅北口を出て左に進み、中野通りを越えて、線路沿いに高円寺方向に600メートルほど歩いた左側に店はある。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1759-85bff457

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。