TOP > スポンサー広告 > カオマンガイ@ガイトーンTOKYOTOP > エスニック > カオマンガイ@ガイトーンTOKYO

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオマンガイ@ガイトーンTOKYO

渋谷の「ガイトーンTOKYO」へ。

この店は、バンコクのプラトゥーナムにある「ガイトーン・プラトゥーナム」の日本進出1号店。スタッフがピンク色の制服を着ているので現地では「ピンクのカオマンガイ」と呼ばれる有名店だ。

20140823182246e55.jpg

閉店時間の15時近くに行ったのに満席でちょっと外で待つことに。

店内は2人がけテーブル10卓と狭く、テイクアウトもやっている。

メニューはとてもシンプルで、提供している料理はカオマンガイ(カーオマンガイ)1品だけ。

20140823182247cfe.jpg

「カオマンガイ並盛り(700円)」を注文し、辛いソースをお願いすると、3〜4分ほどで料理が供された。

20140823182249b7f.jpg

あれ、パクチーがない?

20140823182252756.jpg

いえいえ、ブリキのカップにぎっしり詰まったパクチーがちゃんと先に供されたのでした。

20140823182250cc1.jpg

鶏肉は若鳥らしく軽い味で、少しパサついている。

鶏ガラスープで炊いたご飯はかなり長い長粒米で、スープから丁寧に脂を除いたらしくさっぱりしているけど、鶏の旨みをしっかり含んでとても美味しい。でも、カーオ・ホー厶・マリ(香り米:ジャスミンライス)ではないようだ。タイでもざっかけなファストフードなので、細かいことは言わずにワシワシ食べれよう。

ソースには、ぶつ切りの青唐辛子とショウガが入っていて、鶏とご飯にかけると、それぞれの旨みが何倍にも増してとても美味しい。

それにしてもパクチーの量が多い。100gくらいはありそうだから、スーパーで買えばこれだけで200〜300円になるだろう。パクチーを有料にしている店もあるほどだから良心的だ。

ほとんどのお客は生野菜サラダのようにムシャムシャと全部食べていた。でも、タイ人はこんなことしないな。パクチーは薬味だもの。

ご飯が少なめなので、男性は+50円の大盛りを頼んだほうが良いかもしれない。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


◆希望支払金額:800円(本場の味のカーオマンガイに山盛りのパクチー)
◆費用対効果度:114%(800円/700円)

ガイトーンTOKYO
住所:東京都渋谷区渋谷3-15-2
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜23:00
定休日:なし

※JR山手線渋谷駅の東口を出て、右に明治通りを南下する。500メートルほど歩いた右側に店はある。

関連記事

コメント

パクチーは食べられますがやや苦手です。

まだまだグルメを語るには自分は早そうです。

応援しておきました。ポチッ

Re: タイトルなし

矢田さん、応援ありがとうございます。

私は嫌いじゃないですが、パクチーが苦手の人って多いですよね。でも、この店の山盛り一杯のパクチーはさすがに食べきれませんでした(^_^;)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/1763-115f60b5

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。