TOP > スポンサー広告 > 五目そばとミニ炒飯@飛龍菜館(本館)TOP > 中華 > 五目そばとミニ炒飯@飛龍菜館(本館)

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五目そばとミニ炒飯@飛龍菜館(本館)

京急線青物横丁駅から100メートルほどのところに、飛龍菜館という中華料理店が2つある。「本館」と「II」と書かれているから本店と支店だろう。1キロほど離れたJR大井町駅の近くにも飛龍菜館という中華料理店はあるようだけど、この店はどういう関係なんだろうか。関係はないのだろうか。1店舗だった店が、店名の通りに発展したということなのだろうか。

寒かったのでラーメンが食べたくなって駅に近い「II」を覗くと満席状態だった。しかも、手持ちぶさたに料理を待っている人がほとんど。20メートル先の本店を覗くと、お客の半分は料理を食べていたので入店することにした。

081111飛龍菜館

「五目そばとミニ炒飯(750円)」を注文。
厨房の中は見えないが、料理人が大車輪で調理しているらしく、次から次に料理が出てくる。

人気店らしく3~4人組のお客が次から次と入ってくる。空いている席がないと、中国人らしい女性店員が食べ終わった客を次から次と追い出していく。

待つこと5分ほどで料理が到着。

081111五目そばとミニ炒飯750円@飛龍菜館

五目の具がちょっと少ないが、エビ・イカ・白菜・筍・豚肉・ほうれん草・椎茸など、ちゃんと5品目以上入っていた。

麺は、かん水がたっぷり入った中太の縮れ麺。ちょうど良い茹で加減で、シコシコと歯ごたえがある。醤油味のスープはどこか懐かしい味。

炒飯には卵とナルトしか入っていなかったけれど、パラパラに炒めてあってネギのいい香りがした。こんな普通の炒飯を食べたのは久しぶりのような気がする。

そういえば何年か前に「II」で炒め物のランチを食べたが、イマイチの味だったのを思い出した。
五目そばを選んで「正解」だったのだろうか。


◆希望支払金額:750円(ごく普通の料理だけど、普通が嬉しくなる味)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

中華料理 飛龍菜館(本館)
東京都品川区南品川3-5-5 コーポローザ

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/192-10060af4

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。