TOP > スポンサー広告 > 豚肉角煮豆腐@AKIRATOP > 和食 > 豚肉角煮豆腐@AKIRA

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚肉角煮豆腐@AKIRA

道場六三郎を破った料理人として有名な明輝(ミンフィ)から南に50メートルほどのところにある「AKIRA」へ。

081202Akira01.jpg

曇り空のためか、何だか店頭がうらさびしい。営業しているのだろうかと訝りながら店に入ると、予想を覆す奥行きの深さにびっくりする。一番奥までは20メートル以上、50席ほどはありそうだ。店の奥にはおでんの「屋台」があった。

カウンターの中には、50~60代の店主と30歳前後の女性だけしかいなかった。ホール係はゼロ。だから、この店は、料金先払いのセルフサービス制なのだ。

日替わりの「豚肉角煮豆腐(700円)」を注文して女性店員に700円を払い、店主が直径60センチを越える巨大な鍋から料理を取り分けてくれるのを待つ。

唐揚げが1個載ったご飯と料理を受け取り、空いている席に。みそ汁は「自由」なので、どんな料理を頼んだ人も勝手によそって自分で運ぶ。

081202豚肉角煮豆腐700円@Akira

豚肉角煮豆腐は、大根がよく煮えていて美味しかった。ゆで卵は、煮卵ではないのが寂しい。豆腐も煮えてなかった。豚肉角煮は、ずいぶんさっぱりした味だったので、何時間も何度も水煮して脂を落としたのだろう。ゴクゴク飲めるほど薄味の煮汁にも、脂は全く浮いていなかった。

セルフサービス制だから、どこかの会社の社員食堂のように、食後は食器を店の中央にあるブラスチックのケースに食器を持っていくことになっている。お客の皆さんはちゃんとルールを守って食器を下げるので、8人掛けのテーブルが、次々ときれいになっていく。使用済み食器が、大きなプラスチックケースに次々と積み重ねられていく。食器を置き去りにするような人はいない。

わが同朋は、本当に行儀が良いなあ


◆希望支払金額:700円(別に不満はないけど)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

AKIRA
東京都港区芝浦4-12-34 酒野ビル1F

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/207-c1fc35b4

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。