TOP > 和食 > 鶏唐揚げ定食@かく田や

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

鶏唐揚げ定食@かく田や

旧海岸通りの八千代橋のたもとにあるかく田やへ。JR田町駅からは12~13分のところにある。1階は閉店した飲食店、階段を上って2階へ。

081205かく田や

榊莫山風というか片岡鶴太郎風の店名ロゴがちょっと気になる。この手のロゴにしている店にはあまり良い思い出がないからだ。

2階に上がると、入り口横のレジの前に作業服姿の2人が立っていた。13時近いのに行列らしい。別の店に行こうかと考える間もなく、店の奥から食事を終えたサラリーマンが3人、2人と出てきたので、そのまま待つことにした。

しばらくすると、店長らしい50~60代の男性がレジに立って、「前金でお願いします」という。
作業服の2人がさば塩焼き定食を注文すると、「少し時間がかかります」という答えだった。

そこで、私は「鶏唐揚げ定食(750円)」を注文し、赤い小判型のプラスチック札を受け取る。店長は「とりからー」と厨房に向かって叫んだ。

店内は意外なほど広く、100席ほどあった。作業服の2人は奥の座敷に座ったが、私は食器がまだ片付けられていないカウンター席に座った。

10分近くたって料理が登場。

081205鶏唐揚げ定食750円@かく田や

大振りの鶏唐揚げは薄味だったが、タレに漬け込んであったらしく、鶏肉が濃い茶色に染まっていた。漬け込み時間が長すぎたのか、鶏肉はちょっと固いが噛みごたえがあって、これはこれで美味しい。

ご飯はモチモチとした食感で上手に炊けていた。

この店では、これにフリードリンクでコーヒー、お茶、烏龍茶が付く。それと喫煙可なので、食べ終わってもすぐには帰らない客が多い。

料理とは関係ないし、たまたまかもしれないが、この店は段取りが悪すぎる。吉本新喜劇のようなベタなドタバタが繰り返されていた。

お客が前払いで注文すると、レジにいる店長がオーダーを厨房に向かって叫ぶ。お客はメニューごとに色分けされたプラスチック札を持って空いている席に座って待つ。テーブルにプラスチック札を置くので、どの客が何を注文したかは一応はホール係にわかるようになっている。

しかし、日本人の中年女性2人と日本語がほとんどできない外国人女性2人のホール係は、お客の来店順をちゃんとは把握していない。オーダーは厨房に伝えられるが、その料理を注文した客がどこに座るかをちゃんと見ていないのだ。

厨房には大柄な男性2人がいたが、彼らはオーダーをきちんと整理しないので、料理の数や出す順番がいいかげんなことになっていた。

するとどうなるか。鶏唐揚げ定食を注文したお客が2人いたのに1人分しか作らなかったり、後から来た人に先に料理が提供されたりする。

「時間がかかります」と言われたはずのさばの塩焼き定食が、作業服2人にあっという間に運ばれたのでアレレと思っていると、しばらく立ってから「さば塩、まだ?」と奥のテーブル席にいた先客が怒っていた。

私の注文も忘れ去られる可能性があるので、厨房の兄ちゃんやホール係の中年女性の目を見つめて、さりげなくアピールすることにした。

その甲斐あって、10分ほどで無事に鶏唐揚げ定食が運ばれてきたが、私が食べ始めてしばらくすると、座敷席の奥にいた先客に叱られたらしい外国人女性が戻ってきて「カラアゲ2ツ」と料理人に小声で告げた。私より先に2人分の鶏唐揚げ定食のオーダーが入っていたらしい。これ以外にも、大盛で注文したカツカレーが普通盛だったり、オーダーされていない料理を作ったりと、コント劇が続いた

こんなに恐ろしいほど段取りが悪くてもお客が次々に来店するのは、料理がそこそこ美味しくて安いからだろう。

笑いを堪えながら料理を食べた。


◆希望支払金額:750円(料理は全く問題ないが……)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

新鮮旬居酒屋かく田や
東京都港区芝浦3-19-16 八千代橋ビル2F

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/210-d8288fbd

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析