TOP > スポンサー広告 > 参鶏湯ランチセット@小鳥一代TOP > 韓国料理 > 参鶏湯ランチセット@小鳥一代

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参鶏湯ランチセット@小鳥一代

参鶏湯を売り物にしているみたいだけど、しばらくの間は前を通るたびに、小島一代(こじまかずよ)って個人名を付けるのは珍しいなあ、と勘違いしていた店へ。

店名は個人名ではなく「小鳥一代」。1つJR田町駅寄りの通りにある「鳥一代」の姉妹店らしい。

ランチで1200円というのはちょっと躊躇する金額だけど、意を決して地下へ。

081218小鳥一代

13時近かったので、30席ほどの店内は空いていた。ランチタイムは、2つしかメニューがない。鶏ハーフサイズの「参鶏湯ランチセット」と、鶏4分の1に野菜と豆腐がたくさん入った「ヘルシーゲタンランチ」でともに1200円。

「参鶏湯ランチセット(1200円)」を注文。

081218参鶏湯ランチセット1200円@小鳥一代

大鍋に入った参鶏湯は、ひとりでは食べるのに苦労するほどの量だったけど、鶏は既にバラバラにほぐされていた。10時間も煮込んでいるだけあって、骨までサクサクと食べられるほどだった。塩味はちょっと薄め。

大量の刻みネギとコショウが効いていて美味しい。辛子味噌を混ぜて食べても美味しいけど、ちょっとだけ醤油をかけて食べてみたくなった。

参鶏湯の必須アイテムである干しナツメやにんにくのかけらはあったけど、高麗人参や松の実の存在は確認できなかった。

そういえば、10年ほど前に参鶏湯を食べていて、突然ひらめいたことがある。タイ語では、「鶏」を「カイ(kai)」というが、無気音なので日本人は「ガイ」と発音した方が通じやすい。韓国語で「鶏」を「ゲ」と読むのは、「鶏」の古代中国語読みが無気音だったからではないか、ということだった。

現代北京語では「鶏」は「ji(ヂー)」だけど、現代広東語では「gai(ガイ)」と読み、いずれも無気音らしい。


◆希望支払金額:1200円(1000円以下ならばもっと嬉しいので頑張ってほしい)
◆費用対効果度:100%(1200円/1200円)

小鳥一代
東京都港区芝浦3-12-17 グローブビルB1F

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/222-b7ea0610

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。