TOP > スポンサー広告 > メンチカツカレー@酒蔵うつみTOP > カレー > メンチカツカレー@酒蔵うつみ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンチカツカレー@酒蔵うつみ

何度も訪れている「酒蔵うつみ」へ。

この店ではこれまで魚料理を食べてきたので、「魚の店」というイメージだったけど、いつも6~7品が展示してある店頭の見本に「チキンカツカレー」を見かけたため、「カツカレー馬鹿」としては食べないわけにはいかない。

090126酒蔵うつみ

テーブルに座り、メニューも見ずに「チキンカツカレー(700円)」を注文。

しばらくすると、「チキンカツが終わってしまったので、メンチカツでも良いですか?」と店員のおばさんに言われた。頭の中だけでなく、全身がチキンカツカレーを待つ体勢になっていたので、ちょっととまどったけど、いまさら魚料理に変更する気分にはなれなかった。

そこで「じゃあメンチカツカレーで」と了解する。

この店で、カレー類が出されるのは珍しいためか、後から入ってきたお客も次々にチキンカレーを注文し、「メンチで良いですか?」と言われていた。

10分ほど待って料理が登場。

090126メンチカツカレー700円@酒蔵うつみ

メンチカツが3切れ載っていた。カレーは、ハウスジャワカレーのような少し辛い家庭的なカレー。メンチは既製品らしく美味しくない。

食べたことはないけど、この店には普段から「メンチ&手作り馬鈴薯コロッケ定食」というものがあって、コロッケは手作りだけどメンチは違うのかと思っていたが、やはりメンチは冷凍の既製品らしい。

小皿の野沢菜は、信州に農場を持っているこの店らしく本場の味。浅漬けではなく、かなり繊維質が強かった。

そういえば、以前、野沢スキー場に行ったときに、民芸調の小さな土産物屋で野沢菜を買おうとしたら、「そんな野沢菜で良いの?」と店主に言われてビックリしたことがある。

売り物を買おうとしているのに、何を言い出すのだろう。「え?」と聞き直すと、「そんなのは、野沢菜じゃないから」という答えだった。じゃあ、なぜ売っているんだ、ということになるけど、確かに民宿で山ほど出してくれた野沢菜は、東京のスーパーで売っているものとは全く別の漬け物だった。

地元で食べられている野沢菜は、賞味期限などの問題で土産物として売ることはできないけど、それでも野沢菜を欲しがる客のために、製法も違い保存料も入れた「野沢菜もどき」を置いている、ということだった。

この店は、信州に農場を持っているから、本場の野沢菜を供することができるのだ。


◆希望支払金額:700円(メンチが美味しくなかったけど、700円だから許す)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

酒蔵うつみ
東京都港区芝浦3-6-8

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/251-f4d776fc

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。