TOP > スポンサー広告 > 辛つけ麺@三田製麺所TOP > つけ麺 > 辛つけ麺@三田製麺所

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛つけ麺@三田製麺所

氷雨の中を歌舞伎町の区役所通りを風林会館がある交差点で左折し、20メートルほど西武新宿方面に向かったところにある「つけ麺専門店 三田製麺所 歌舞伎町店」へ。

この辺りには、歌舞伎町では少なくなったはずの客引きらしき男たちが、昼間から多数たむろしている。

近寄ってきた1人が、歩調を合わせて歩きながら小声でささやいた。
「DVDいかがですか? 新宿イチの品揃えで、1万5000タイトルありますよ」
どうやら裏DVD屋らしい。

無視して歩く。

090225三田製麺所

12時半過ぎなのに、カウンター12席の店内にはお客は4、5人しかいなかった。

券売機で「辛つけ麺あつ盛(大)750円」の食券を購入。

「カウンターの奥へどうぞ」という声に促されて、奥の席に座るとピッチャーにレモンを入れた水が供された。食券を出すと「今から麺を茹でますので8分ほどお待ち下さい」と言われる。

別の青年が、超極太の麺を麺茹で機に入れていた。グラグラと煮立った麺茹で機では、先に注文された麺が茹でられていた。

新書を読みながら待っていると、次々にお客が入ってきて、あっという間に満席になった。

カウンターに置かれたメニューを見て、ちょっと驚いた。漬けダレの違いで、メニューはつけ麺と辛つけ麺の2種類しかないが、麺の量は並・中・大・特大の4種類で、それぞれ200g・300g・400g・500gだという。値段は、つけ麺の並から大までが700円で、特大が800円。辛つけ麺は、並から大までが750円で、特大が850円だった。
「大」を頼んだから、400gの麺が出てくることになる。

メニューの裏には、通常のつけ麺は水で締めたあとに温めると麺がのびてしまうが、当店の麺は特殊製法なのでのびない、だから「あつ盛」が美味しい云々と書かれていた。

10分近く待って料理が登場。

090225辛つけ麺あつ盛り750円@三田製麺所

麺が太い。もの凄く太い
まるでうどんのようだ。稲庭うどんよりは間違いなく太い。

そして、麺が多い。もの凄く多い
「並」の2倍の400gだから当たり前だけど、一般的な「大盛り」よりずっと多い。

漬けダレの海苔には炒り粉だしが載っていて、魚介系の香りがプーンと漂う。

そして、その漬けダレはドロドロというかトロトロというか、しゃぶしゃぶのゴマだれくらいの粘度がある。辛つけ麺の「辛」は、ラー油がたっぷりと入っていることらしい。漬けダレの中に箸を入れると、2センチ角の角切りにしたチャーシューと太いメンマが入っていた。

食べ始めると麺に漬けダレがからみついて、というよりからみつきすぎて、勢いよく啜ると辺り一面にタレをまき散らしてしまう。だから、つけ麺屋なのに店内にはズルズルと啜る音はしない。

胃袋が一杯になりかけたところで麺の入ったどんぶりを見ると、まだ1人分の麺が残っている。当たり前だ「並」の2倍の「大」400gだもの。

とはいえ、漬けダレの塩加減がちょうど良いので、いくら食べても飽きが来なかった。あつ盛にしたためか、麺のコシはあまりなかったけど、モチモチとした食感は良かった。でもやっぱり、これはうどんだな。

カウンターに「割スープをご希望の方は声をかけて下さい」と書かれた紙が貼ってあった。麺を食べ終わったあとで、漬けダレをスープで割って飲めるようになっているのだ。

頑張って完食して、割スープを頼むと、どんぶりに白濁したスープを足してくれた。
「ごゆっくりどうぞ!」
この店の店員はこれ見よがしの大声ではなく、適切な接客態度で気持ちが良い。

暖かい季節になったら、「あつ盛」ではない水で締めたままの普通のつけ麺を食べてみよう。


◆希望支払金額:750円(麺が多かったし、漬けダレの味も悪くない)
◆費用対効果度:100%(750円/750円)

つけ麺専門店 三田製麺所 歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-9-6

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/276-108f8986

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。