TOP > スポンサー広告 > ゴーヤと豆腐の旨煮@台南担仔麺(たいなんたーみー)職安通り店TOP > 中華 > ゴーヤと豆腐の旨煮@台南担仔麺(たいなんたーみー)職安通り店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤと豆腐の旨煮@台南担仔麺(たいなんたーみー)職安通り店

先日は「台南担仔麺 新宿店」のほうに行ったけど、今回は新宿ハローワークに近い「台南担仔麺 職安通り店」へ。この店は、職安通り店となっているが、職安通りに面しているわけではなく、路地をちょっと入ったところにある。

090422台南担仔麺

階段を降りて少しだけ地面より低い店内に入ると、4人掛けの丸テーブルが6つとタイル張りのカウンターという、新宿店と同じようなレイアウトだった。

この店のランチは、新宿店とは違って料理を1品選ぶと、サラダとザーサイが届くので料理を待つ間に、焼きそばor焼きビーフンorチャーハンのいずれかの出されているもの、スープ、食べたければ白飯も、そしてデザートのゼリーをカウンターから取ってる来るようになっている。いずれも食べ放題。

今週の料理から「ゴーヤと豆腐の旨煮(700円)」を注文。カウンターからこの日の食べ放題のチャーハンとスープを取ってきて料理を待つ。

レジ横の丸テーブルでは、中国人の男性が長々と携帯電話で話している。テーブルには湯飲みしかないので、お客ではないらしい。

6~7分で料理が到着。

090421ゴーヤと豆腐の旨煮700円@台南

魚醤の芳ばしい香りが広がる。ゴーヤはかなり苦みが立っていた。豆腐は、厚揚げのようにじっくりと油で揚げてあったけど、フワフワして美味しい。この店も、ゴマ粒大に刻んだショウガをたっぷり使っていて、後味に爽やかな辛みが残る。

チャーハンは、あまり旨味は感じられない。といっても、旨煮のアミノ酸の旨味が強いので、薄く感じられたのかもしれない。

スープも薄味。これも旨煮の影響だろうか。


◆希望支払金額:700円(大食いの人がチャーハンをワシワシ食べてもこのお値段)
◆費用対効果度:100%(700円/700円)

台湾屋台料理 台南担仔麺 職安通り店
東京都新宿区歌舞伎町2-41-5


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/341-26887166

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。