TOP > スポンサー広告 > 山菜の天ぷら付きもりそば@中居家TOP > 蕎麦 > 山菜の天ぷら付きもりそば@中居家

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山菜の天ぷら付きもりそば@中居家

軽井沢方面を視察の途中で昼食。
JR吾妻線万座・鹿沢口駅から三原大橋を渡って200メートルほどの「割烹 中居家」へ。

20090620中居家

この店は、横浜開港に尽力した生糸商・中居屋重兵衛が生まれた家が経営しているという。玄関を入って奥の座敷へと続く廊下に、「和蘭文典読法」や「和蘭文典訳語筌」など重兵衛が出版に関わった古書が展示してある。

入ってすぐ右の土間には何組かの顧客がいたけど、奥の座敷には男女2人の1組しかお客はいなかった。

ご飯ものや蕎麦などさまざま料理が並ぶメニューから、たまたま目にとまった「山菜の天ぷら付きもりそば・大盛り(1600円)」を注文。

後から10人ほどの団体観光客やカップルのお客が入ってきた。そのうち半分は、同じく山菜の天ぷら付もりそばを注文している。この店の人気メニューらしい。

10分ほどで料理が登場。

20090620山菜天ぷら付きもりそば大盛り1600円@中居家

山菜の天ぷらという言葉から、タラの芽やウド、コシアブラ、コゴミなど今ではスーパーで売っているような山菜を想像していたけど、全く違ったものだった。

お姉さんが天ぷらを説明してくれた。
「こちらがコアジサイで、ミズカエデ……、白い花がアカシアです」
全部で10種類ほどもあったけど、今まで天ぷらで食べたことがあるのはカエデだけ。初めて聞いた山菜がほとんどで名前はとても覚えられなかった。

格別美味しいわけではないけど、珍しい体験に心が躍る。といっても、どれもその辺りで摘んできたものかもしれない。原材料費は限りなくゼロに近い。季節が変われば、天ぷらにする山菜も変えるのだろう。料理人のアイデアとセンスに脱帽

蕎麦は、ボキボキとしたしっかりした歯ごたえでいかにも田舎の手打ち蕎麦といった味で美味しい。地粉の蕎麦は別メニューだったけど、ほかの蕎麦は国内産蕎麦粉を使っているという。

蕎麦湯を飲もうとして再びびっくり。蕎麦湯というよりも、まるで蕎麦のお粥のような白いドロドロの液体だった。

これがまた旨い


◆希望支払金額:1600円(珍しい山菜の天ぷらと手打ち蕎麦に満足)
◆費用対効果度:100%(1600円/1600円)

割烹 中居家
群馬県吾妻郡嬬恋村三原388

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/402-b8c19271

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。