TOP > スポンサー広告 > ガオラオ・ルーアットムー@チェンマイTOP > 海外 > ガオラオ・ルーアットムー@チェンマイ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガオラオ・ルーアットムー@チェンマイ

タイ第2の都市チェンマイには市場がいくつもあるけど、「チェンマイ市民の台所」と呼びたくなるのは、旧市街から2キロほど東にあるワローロット市場だ。

1階ではさまざまな食料品を売っていて、2~3階には衣料品店が並んでいる。

ワローロット市場

なぜか止まったままのエスカレーターや階段を上って3階に行くと、食堂が並んでいる。

タイ5-チェンマイ-ルアットムー

並んだテーブル席には勝手に座っても良いけど、どうやら店ごとに所有するテーブルが違うらしい。だから、料理を注文してから、どのテーブルに座ればよいかを尋ねる。

各店を覗いていると、いちばん奥の店で厨房にルーアットムー(豚の血の豆腐のようなもの)を発見。

以前も書いたけどけど、ルーアットムーのスープのガオラオ・ルーアットムーが大好きなので、早速、秋葉原あたりに連れて行ったら「メガネッ娘」として大人気になりそうな、色白で20代前半の調理人に「ガオラオ・ルーアットムー(40バーツ:約140円)」を注文。だって、日本では食べられない料理だもの。

調理の様子を撮影しようとしたら、キリッとした目で睨まれてしまった。その剣幕に驚いてスゴスゴとテーブル席に戻って料理を待つ。ところが、待てど暮らせど料理が来ない。

食堂の隣の飲み物屋で高校生くらいの少女が、何だかわからないけど茶色とオレンジ色の中間のような色の飲み物を大量に作っていたので注文。

飲んでみると、ものすごく甘い「アイスコーヒー(12バーツ:約42円)」だった。

15分くらい待ってようやく料理が登場。

ルーアットムー-チェンマイ

内臓はあまり入っていなかったけど、旨味の濃いスープもルーアットムーも美味しい。滋味が身体中に染み渡るのを感じながら食べる。

至福の瞬間だ。


ワローロット市場でメガネっ娘が料理をしているチェンマイ(タイ)

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/425-c54bf8a9

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。