TOP > スポンサー広告 > ふわトロ親子丼そば定食@天林 歌舞伎町店TOP > 丼物 > ふわトロ親子丼そば定食@天林 歌舞伎町店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふわトロ親子丼そば定食@天林 歌舞伎町店

新宿歌舞伎町セントラルロードの中華そば専門店「天下一品」の店頭に「隠れ個室居酒屋 天林 歌舞伎町店」のランチメニューがあった。


20090727天林

「天下一品」と「天林」という名前の類似性から、何か関係がありそうだけど、「天林」は日本蕎麦の定食を出しているので、違う店かもしれない。

よくわからないけど入店してみることに。

薄汚れたエレベーターで6階に登ると、入り口近くのテーブルでは外国人店員がノートパソコンを見ていた。

8人掛けのテーブルが並んだ店内には、お客は誰もいなかった。

親子丼だけだと580円だけど、100円増しで蕎麦が付くので「ふわトロ親子丼そば定食(680円)」を注文。

もう1人の店員が厨房で料理を始めた。間仕切りがあるのではっきり聞こえないけど、普通語らしい中国語で会話しているので店員は中国人なのだろう。

6~7分で料理が登場。

20090727ふわトロ親子丼そば定食680円@天林

一目見て残念な料理だということがわかってガッカリする。「ふわ」でも「トロ」でもなく、カチカチになるまで卵を煮固めた親子丼だった。蕎麦もひどい味。味噌汁は、塩味はしたけど味噌が薄くてよくわからない味。

しばらくすると、店員同士が口論を始めた。もしかしたら、単なる雑談かもしれないが、間仕切で姿が見えず、大声で交わされる怒号(会話?)が不安感をあおる。間仕切りでいくつもの小部屋に仕切られた店内に、お客は私以外に誰もいないのだった。

外国人スタッフを使うのはかまわないけど、日本料理の基本や店内では日本語しか使わせないなど、基本的なマナーを身につけさせてくれ!


◆希望支払金額:500円(とりあえず炭水化物は補給できたけど)
◆費用対効果度:73.5%(500円/680円)

隠れ個室居酒屋 天林 歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-14-2 第103東京ビル6F

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/441-0433bc8d

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。