TOP > スポンサー広告 > 肉団子定食@九龍・ふるさと → 閉店TOP > 中華 > 肉団子定食@九龍・ふるさと → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉団子定食@九龍・ふるさと → 閉店

新宿歌舞伎町の旧新宿コマ劇場の近くにある「中華台湾料理 九龍・ふるさと」へ。

この店の本当の店名はどれなんだろう?

20090803九龍飯店・ふるさと外観

派手派手のビルの看板には「台湾料理 九龍 ふるさと」とあったけど、階段の登った先の看板は「台湾料理 ふるさと」。

20090803九龍飯店・ふるさと

店内のランチメニューには「中華台湾料理 九龍・ふるさと」とあったけど、ほかのメニューには「九龍飯店 ふるさと」というのもあったので、いろいろと名前を変えているのかもしれない。

20090803メニュー01@九龍飯店・ふるさと

ワンコインランチから「肉団子定食(500円)」を注文。ほかに、麻婆豆腐や鶏唐揚げ、ショウガ焼き、ピーマンと豚肉炒め、エビチリ、ポークカツレツと全部で7種類もあるし、ご飯のお代わりはOK。なんて良心的な店なんだろう。

ところで、最近、新宿歌舞伎町でもいろいろな店がワンコインランチを始めているけど、利益は出るのだろうか。採算度外視でとにかく集客したい、ランチで客を集めて夜の集客につなげたい、ということなのだろうか。でも、ワンコインランチを始めたといって、お客が殺到するわけではないのが辛いところだ。この店も12時半だというのに、お客は私1人だった。恐らく今日のランチは売上金500円だろう。

新書を読まず、そんなことを考えているうちに、3~4分で料理が登場。

20090803ランチ肉団子定食500円02@九龍飯店・ふるさと

まずスープをひとくち。中華料理店は、スープの味の良し悪しで調理人の腕とやる気がわかる。この店のスープは、旨味が凝縮した味で、鶏ガラの軟骨からしみ出たローソクのような香りが微かにした後で、再び深みのある旨味が口に広がり、最後に香味野菜の香りが舌に残った。旨い

肉団子は、ちょっと練りすぎで蒲鉾のような食感だけど、不味くはない。春雨の唐辛子和えもさっぱりして美味しい。

それにしても、スープが美味しい

今度、台湾式のラーメン(420円!)を食べよう。


◆希望支払金額:700円(この内容で500円は安すぎる)
◆費用対効果度:140%(700円/500円)

中華台湾料理 九龍・ふるさと
東京都新宿区歌舞伎町1-14-7

※2010年2月23日、久しぶりに500円ランチを食べようとしたら、すでに均一料金の居酒屋に変わっていました。閉店してしまったようです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/449-c6ddea95

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。