TOP > スポンサー広告 > タイ風チキンライス(カーオマンカイ)@トンタイTOP > エスニック > タイ風チキンライス(カーオマンカイ)@トンタイ

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ風チキンライス(カーオマンカイ)@トンタイ

新宿・職安通りが明治通りと交差する新宿7丁目交差点に近い「タイ居酒屋 トンタイ」へ。

炎天下をわざわざここまで足を運ぶことにしたのは、ランチにカーオマンカイ(海南鶏飯)があると誰かのブログに書かれていたから。

頭をジリジリ焼かれながら、職安通りに数ある韓国料理店を無視してようやく到着。

20090814トンタイ

40人ほどは入れそうな店内にお客は3組しかいなかった。

この店のランチメニューは680円が10種、780円が1種、880円が2種の全部で13種類もある。

20090814メニュー@トンタイ

もちろん「タイ風チキンライス(680円)」を注文。

中国語名が海南鶏飯というカーオマンカイを初めて食べたのは、マレーシアのペナン島にあるチャイナタウンだった。海南鶏飯という料理名からわかるように、中国の海南島が発祥らしい。鶏ガラスープで炊いたご飯に蒸し鶏のぶつ切りが載っている。

20090814タイ風チキンライス@トンタイ

この店のカーオマンカイは、ご飯に香り米(英名:ジャスミン・ライス、タイ語名:カーオ・ホーム・マリ)を使っていて、ショウガの千切りを炊き込んであった。旨い、旨い

茹で鶏肉のぶつ切りに、青唐辛子ペーストが入ったソースをかけて食べる。旨い、旨い

タイでは5ミリ角サイコロ状の冬瓜が入ったスープが付くのが普通だけど、この店では大根とニンジンだった。でも、スープも美味しい

ご飯も茹で鶏肉も量がたっぷりで嬉しい。

日本で食べたカーオマンカイ(海南鶏飯)の中で、ナンバーワンの旨さだった。

次回は何を食べよう。


◆希望支払金額:750円(本場のカーオマンカイが美味しい)
◆費用対効果度:110%(750円/680円)

タイ居酒屋 トンタイ
東京都新宿区大久保1-1-2 泰正ビル2F


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/458-b8048334

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。