TOP > スポンサー広告 > 味噌つけ麺@虎龍 → 閉店TOP > つけ麺 > 味噌つけ麺@虎龍 → 閉店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌つけ麺@虎龍 → 閉店

新宿区役所の裏通りにある「麺武 虎龍(KOTATU)」へ。

20090814虎龍

外の自販機で「味噌つけ麺(850円)」のチケットを購入。

重い引き戸を引いて入店すると、カウンター席17の店内にはお客は1人しかいなかった。

味噌ラーメンや醤油ラーメンも850円だもの、いくら歌舞伎町でも高すぎる。茨城県のブランド豚肉をつかった「極豚(きわみぶた)ラーメン」は2000円!もする。

待っている間にショップカードを見ると、この店は札幌の「麺匠 咲弥」の姉妹店(?)で、サクライヌードル株式会社(?)と関係があるらしい。何のことだかわからないけど……。

20090814白胡椒@虎龍

でも、GABANのブラックペッパーだけでなく、SBのホワイトペッパーを置いているところに好感が持てる。私は、ラーメンには白胡椒をかけて食べる。つけ麺には使わないけど。

10分近く待ってようやく料理が登場。

20090814味噌つけ麺850円@虎龍

麺が茶色い。こんな色の麺は見たことがない。小麦粉に何を加えているのだろう。

と、後から来たお客が味噌ラーメンを食べているのを見ると、麺が黄色い。というよりも山吹色だった。これはかん水だけで出る色じゃないだろう。卵でも入れているのだろうか。この店では、温かいラーメン用とつけ麺用に2種類の麺を使用しているのだった。

漬け汁は、六厘舎風のドロドロと粘度の高い汁で、炒り粉だしのほかに、干し海老の粉末も載っていた。

漬け汁につけずに麺をすする。程良いツルツル感で、かなりコシが強い。茶色の原因は、香りや味からはわからなかった。

漬け汁につけて食べると、かなり美味しい。これは、竹虎以上かもしれない。

漬け汁には、メンマと1センチ角のチャーシューが少し入っていた。塩分はちょうど良い。

食べている途中で、店員が〈スープ割り〉用のスープが入ったポットを持ってきてくれた。自分で味の調節をしながら漬け汁をスープで薄めることが出来て嬉しい。

かなり旨いんだけど、やっぱり高いなぁ


◆希望支払金額:850円(高すぎる! と言いたいところだけど、旨いんだもの)
◆費用対効果度:100%(850円/850円)

麺武 虎龍(KOTATU) ※2011年10月、気づくと閉店していました。
東京都新宿区歌舞伎町1-8-5

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/459-5c434a48

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。