TOP > スポンサー広告 > ざるうどん+半熟卵天+げそ天@東京麺通団TOP > うどん > ざるうどん+半熟卵天+げそ天@東京麺通団

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざるうどん+半熟卵天+げそ天@東京麺通団

『恐るべきさぬきうどん』で讃岐うどんブームを仕掛けた田尾和俊と、コバンザメ的にブームに乗った勝谷誠彦がプロデュースした「讃岐うどん大使 東京麺通団」へ。

讃岐うどん大使東京麺通団

小滝橋通りから少し入ったところにあるけど、昼時は人だかりがしているのでわかりやすい。

入り口で「ざる小(290円)」を注文。冷たいうどんはすぐに供される。

そのまま店の奥に進み、天ぷらコーナーで「半熟卵天(100円)」「げそ天(150円)」を取って、レジで合計540円を払い、つけ汁を受け取る。

20090821ざる290円+卵天ぷら100円+げそ天150円@東京麺通団

まずは、汁に付けずにうどんをすする。しっかりとコシがあって、しかもツルツルの喉ごしが美味しい。これぞ讃岐うどんという味。

つけ汁は、そのまま飲めるほど薄味だった。鰹節や昆布の風味も薄い。

名物のげそ天が異常に大きい。「はなまるうどん」の2倍はあるだろう。イカの太い足はしっかりと噛みごたえがあった。

その一方で、同じく名物の半熟卵天にはがっかりだった。熱がしっかり中まで通ってしまって、半熟じゃなかった


◆希望支払金額:540円(なはまるうどんより高いけど、こちらのほうが美味しい)
◆費用対効果度:100%(540円/540円)

讃岐うどん大使 東京麺通団
東京都新宿区西新宿7-9-15 ダイカンプラザビジネス清田ビル1F

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/470-f4a92e46

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。