TOP > スポンサー広告 > チャーシュー(麺)@ラーメン二郎歌舞伎町店TOP > ラーメン > チャーシュー(麺)@ラーメン二郎歌舞伎町店

昼食難民の新書生活

(新宿・秋葉原・芝浦など各地でのランチと読書)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーシュー(麺)@ラーメン二郎歌舞伎町店

歌舞伎町の奥にある東京都健康プラザ「ハイジア」の前の通りにある「ラーメン二郎歌舞伎町」へ。

この店は12時過ぎでも行列ゼロの日もあるし、13時過ぎなのに行列になっている日もある。でも、カウンター席が16席もあるので、行列になっていてもあまり待たずにラーメンを食べられる。

ラーメン二郎

券売機で「チャーシュー(800円)」のチケットを購入。チケットにも「チャーシュー」と印字してあったけど、もちろん「チャーシュー麺」という意味。

この店では、奥の部屋で製麺している。製麺機は見えなかったけど、日本製粉の「オーション」というパン粉用・そばのつなぎ用小麦粉の大きな袋が積み上げてあるのが見えた。

行列に5分ほど並び、空いたカウンター席でさらに10分ほど待つと、トッピングを尋ねられた。この店では、野菜・ニンニク・脂・辛みの増減を注文できる。「野菜増し」をお願いする。

チャーシュー麺800円@ラーメン二郎

「野菜」といっても90%以上はモヤシだった。キャベツはモヤシの山のてっぺんに親指の爪ほどのかけらが載っているだけだった。以前、別のラーメン二郎で食べたときには、加熱しすぎでクタクタになったキャベツとモヤシだったけど、この店のモヤシはザッと湯通しした程度なので、シャキシャキした食感は残っていた。

麺はパスタのような真んまるの太麺。かなり噛み応えがあって、お腹にずっしり溜まる。

スープは濃厚だけどそれほどしょっぱくはなかった。

厚さ1センチ以上にスライスされたチャーシューも、噛み応えのある食感だった。薄味なのでスープを飲んだ後に囓ると、舌がホッとする優しい味。

以前食べた別の「ラーメン二郎」がひどい味だったので敬遠していたけれど、この味と量だったらたまには食べてもいいかもしれない。


◆希望支払金額:800円(モヤシもチャーシューもなかなかの量)
◆費用対効果度:100%(800円/800円)

ラーメン二郎歌舞伎町店
東京都新宿区歌舞伎町1-19-3



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pasage.blog43.fc2.com/tb.php/506-f89a2801

 | HOME | 









ブログランキングに参加中です

リンク

お気に入りに追加
このブログをリンクに追加する

最近の記事

にほんブログ村ランキング

ブログ内検索

Loading

カテゴリー


全記事一覧(500件ごと)

カレンダー+月別アーカイブ

ケータイ版URL

QRコード

RSSフィード

プロフィール

pasage

Author:pasage
昼食時は「難民」と化して「新書」を片手に、都内各地を彷徨っています。

FC2Ad

Template by たけやん

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。